不思議な話の結末

今年のお正月もようやく終わったー!
と思った10日の午後。
家から電話がありました。
大阪市交通局忘れ物センターからの封書が
届いているとのこと、、、、ええええ????!!!!

中を開けてもらったところ、拾得物の通知でした。
内容は「ピンクのポーチ」で中には免許証、保険証、カード、
との明記がありました。もちろん現金はナシ。

ともかく連絡を入れたところ、14日迄にとり来て欲しい、
と言われ、四つ橋線難波駅にあるセンターへ馳せ参じました。
果たして、ワタクシの財布は手元へ戻って来たのでした。
しかし、、、
なくしたのは大晦日のはず。
そして1日にすべてのカード類を止めました。
それから1週間経った8日に、四つ橋線西梅田のホームにて
職員の方に拾得される、、、、。
この間財布はいったいどこで誰の手の中にあったのでしょう。
もちろん、大晦日の午後、私は西梅田どころか、
職場と実家と自宅しか行っておらずそれは全て半径50M以内。
なぜわざわざ大阪まで行ってしまったのでしょうか。
そして、8日間の空白は????

財布を落としたけど戻って来たという人の体験談を聞くと、
たいがい、数日の空白があって戻ってくる、ということでした。
ふぅん、、、と聞いていた私でしたが、実際我が身に降り掛かると
この8日間が非情に気になって仕方がありません。
そういうもんよ、と言われても、不思議でたまらない。

とりあえず戻って来たお財布の中身は、現金以外全て無事。
他は全て再発行の手続き済みなので無用となりましたが、
免許証が戻って来たのはとても嬉しい!
中に入れていた厄神さんと荒神さんのお神札を一緒に、
氏神様にお礼参りに行ってお納めさせて頂きました。

はてさて。
これで年末からのひと騒動は一件落着したのでしょうか???
ともあれ波乱の年初めでした。
[PR]
Commented by さきたか at 2009-01-15 22:43 x
 こんばんはです。
 これって、良かったですね、と言うものなんでしょうか。
 たとえ5円でもきちんと届けるわたくしとしては、何か納得できませんです。
 昨年は届けた7000円をゲットすることが出来ましたが、その代わりに色々落としてもいるので、収支とんとんでございます。
 お札には名前を書いておかないと。(笑)
 ではでは。
Commented by orochon3 at 2009-01-16 08:23
団長さま、ありがとうございます、、、。
現金はどう思い出しても2千円あるかないかぐらい、
という哀しい年の瀬でした。
小銭もほとんど使い切った後でしたからこそ、
あきらめがついたのでしょうね、きっと。
もし何万円も入っていたら悔やんでも悔やみきれない。
金額の問題ではありませんが。

そういえば団長さまも落とされていましたね、、、!
今になってようやくお気持ちお察し致します。
by orochon3 | 2009-01-11 20:02 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)