オイシイ

b0019591_13105133.jpg


緑の瓶にぶらさがる何やらものものしい札。
福寿蔵のやっている「さかばやし」に行った実家の母のおみやです。
蔵直採りという生酒は、本当に毎日蔵に汲みに行っているようで、
これはその中でも「大吟醸生 要冷蔵」と赤くハンコがおされています。
なんだか戦時中の写真に押された非許可印みたいでコワイですね。

さて、お味ですが、オイシイです。
クリアでピュアな味。
私にしてはわかりやすい説明だと思いますが、本当にそんな感じで、
だからと言って頼りないというわけではなく、
しっかり寄りかかれる頼もしさもあります。
でも、するするするする、、、どんどん飲んでしまいます。
冷酒で頂いたせいでもありますが、なんの肴もなしにお酒だけを純粋に、
飲んで、飲んで、飲んで、すぐになくなってしまいました。
そしたらかなり酔っぱらっていました。札の裏を見ると19〜20度でした。

斗瓶倶楽部というのがあるらしく、空いた瓶を持って買いに行こうと
母に値段を聞いてビックリ!たいへん高価なお酒だったようです。
ありがたいことです。ごちそうさまでした!!
[PR]
by orochon3 | 2009-04-16 07:10 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(137)
(114)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧