ヘナ続報

引越を言い訳にヘナをしていませんでしたが、
私の場合「毎週ではなく、月に1〜2回くらいで良い」
というアドバイスをマダム・ヘナ様より頂きましたので、
ちょうど1ヶ月経った頃、新宅の大きくなったお風呂場にて
第二回目を行いました!

まずエッセンスを乾いた髪と地肌にぬりこんでおきます。
続いてヘナをお湯でマヨネーズ状に溶かし、髪と地肌にぬりこみます。
以前、母が髪を染めるのを手伝った事があるのですが、
その時はビニル手袋をして、肌につかないよう慎重に気をつけて、
といった具合で非常に疲れました。
第一、肌にあまり良いものではない物を使うというのが、
なんだかコワイ。
しかし、このヘナは質がたいへんよろしいので肌に悪くない。
肩やら足に落ちちゃっても平気。最後に洗い流せば良いのです。
そして、ラップでまいて、シャワーキャップかぶせてタオルで巻いて。
身体を洗ったり、湯船であたたまっているうちに時間がきます。
後は丁寧に洗い流す、、、これが一番タイヘンかも。
というのも、私は腰が痛いので長い間かがんでいるのが辛いから。
普通の方ならなんてことはないと思います。
そして、シャンプーとリンス。
ヘナ倶楽部さんのを使うと退色を防いでくれる上に髪がよりつやつやに!

以上、第二回目のヘナは自分で全部やりましたが、
普段、丁寧にトリートメントやパックやなんかをしながら
お風呂に入った時と同じくらいの時間で入浴終了でした。
床についたりしても流せば良いし、簡単、安全。
乾かした髪の毛は、白髪もまたまたキレイになくなって、
全体の茶がかった明るさが戻ってきました!
マダム・ヘナ様曰く、
『オレンジヘナは健康の為に頭全体に月に1〜2度ほどで。
 後は白髪が出てきましたら、リタッチでお使いください。
 黒髪部分にヘナを何度も塗りますと、もっと黒くなってしまいますが、
 月に1〜2度程度でしたら、ちょっと明るめの茶がかったブラックの
 色を保つ事が可能かと思います。』
とのこと。
お風呂も大きくなったことだし、いよいよ美髪に勤しみましょう。
[PR]
by orochon3 | 2009-08-25 09:45 | 美容&健康 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(136)
(112)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧