La lune, le vin et le chat

秋のある夜、ウレシイ出会いがありまして、
素敵な贈り物をいただきました。

詳しく説明すると、美的センス溢れる小粋なお友達が、
ワタクシの転居の報を聞き、そのいきさつ等も知って、
記念のお祝いを贈りたいと思ってくれたのだそうです。
そして彼女の師でもある久喜良作先生に、
モビールアートの作品を依頼してくれました。
お題はワタクシの大好きな「ワインと猫」と
お願いしたのだそうです。

そして作品ができあがった時、ただ渡すだけでなく、
久喜先生がちょうど個展をされていたお店で、
先生と彼女と私の三人で会う機会をつくるという、
粋な計画を立ててくれたのでした!
彼女は私より年若なのにしっかりと生きていて、
さり気なく気持ちをあたたかくしてくれる粋なヒト。
さすがァ!なはからいに胸うたれ感謝感激でした。

久喜先生についてはこちらに詳しいですが、
ご本人は粋でお洒落で爽やかな方です。
その夜は先生の好きな巴里の話や、お友達の波瀾万丈な人生の話、
私の恋焦がれる1930年代の事など、話は尽きず、
先生のご実家の歴史の話に至っては大河ドラマのようで、
ひきこまれて根掘り葉掘り伺ってしまいました。

そして、肝心の作品は、、、、
「ワインと猫」というお題に対して先生はもうひとつ、
何かくっつけないと完成されない、と考えられて、
流れ星をつけた「お月さま」をひっぱってこられました。
題して「月とワインと猫」。

b0019591_5593274.jpg


吾が家のお酒コーナーの上に、ゆらゆら揺れています。
Pドノ、そして先生、ありがとうございました。
[PR]
Commented by pirikainankle at 2009-12-25 22:45 x
Oroさま!メリークリスマスです。
過分なお褒めのお言葉で恐縮です。御礼をいうのはこちらのほうです。照れ屋さんな先生ですが、先生にとっても良かったのではと勝手ながら感じております。でもこれほど盛り上がるとは思ってもみませんでした。ひとえにOroさんの包容力のおかげと感謝してます。
Commented by orochon3 at 2009-12-26 06:34
Pドノ、ほんとにありがとうございました!!とっても嬉しかったのです、いくらお礼を言っても足りないくらい。
盛り上がりましたねぇー!先生のお言葉通り、二度あることは三度ある、またの機会を楽しみにしておりまする!!
by orochon3 | 2009-12-24 06:03 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)