カンノナウ・ラヴ

ワインに初めて出会った頃は、王道のフランスで、
しかもぶどうはピノ・ノアールかシャルドネという、
完全なるブルゴーニュっ子でした。
私のワインの師匠でもあるE子女史がそうだったから、
なのですが、若い私にはカベルネ・ソーヴィニオンが
敷居が高くてどうも、、、苦手だったのです。
あれから数十年が経ち、ワイン会で様々なワインと出会い、
好みはどんどん変わって行きました。
もちろんまだまだ未知のワインはたくさんあって、
これからも好みはかわるのだろうと思いますが、
今のところのベスト3は、(さんざん言ってきましたが)
1位ペンフォールド グランジ(ぶどうはシラーズ主体)
2位トゥーリガ(ぶどうはカンノナウ主体)
3位アルマヴィーヴァ(ぶどうはカベルネ・ソーヴィニオン主体)
フランスものが1本も入っていない所が私の個性なのかも。
ともかくこの3本は忘れられません。
2位のトゥーリガはサルディーニャ島のワイン。
サルディーニャ島といえばモンド・ヴィーノに出てきて、
かなり気になっているマルヴァジア。
このトゥーリガは、主にカンノナウというぶどうと、
その他色々、その中にマルヴァジアも入っていたのだそうです。
後でわかりました。そうか、、、飲んでいたのか!
b0019591_15501033.jpg

そしてようやく本題へ入ります。
カンノナウというぶどうはサルディーニャ島固有の品種だそうですが、
そのカンノナウ100%というワインを試してみました。
こちら2本で3,000円ですから良いお値段ではありますね。
果たして、トゥーリガのような感動はありませんでしたが、
そこそこ美味しいものでした。このぶどうはやはり好きだな、
と再確認できたので良かったです。
トゥーリガの土っぽさと優雅さのあいまった複雑な味はなく、
かといって素朴な味を期待していたのも裏切られました。
生粋の都会の子が田舎にやってきて、カントリーガールを装っている、
そんな感じです。つまり、ア・カルイのです。
でもナパのア・カルイとは違います。
そこに少しばかりの土着感があります。
これが欧州というやつでしょうか。

で、カンノナウはグルナッシュ系のぶどうなのだそうです。
どおりで好きなはず、南仏のグルナッシュのぶどうは、
まずはずしたことがありませぬ。好みということです。
好みがたくさんあって困ります。
大好物のシラーズのことはまた後日。
[PR]
by orochon3 | 2010-02-12 15:54 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧