会長の置き土産

去年、職場からひきあげてきたワインの中に、
ワイン会の会長が置いていかれたものがありまして、
飲んでいいヨ、というお許しを頂いたので、
それを勿体つけながらあけております。
何しろ自腹では決して買わないワインばかり。

MARIUS2005年はカベルネ・ソーヴィニヨン100%のラングドックのワイン。
パーカーさんも試飲できなかったほどの希少なワインだそうで、
それがナゼ私の手元に?!嬉しいご縁です。
柔らかで繊細、会長を思い出す香りのワインでした。

そしてAZELIAのBAROLO2001年。ネッビオーロ100%。
バローロもよく会長と頂きましたが、AZELIAは初めて。
力強い、力強い。でもちょっとお洒落。力道山みたいでした。

CAECILIA2003年は、サエシリアと読むのですね、難し。
これ、大好きな味!と思ったらやはり、ラングドッグでした♪
ムールヴェードル31%、シラー28%、グルナッシュ26%、カリニャン15%
好きなぶどうのオンパレード。美味しい、美味しい。
美味しいワインは本当にすぐになくなります。哀しい。

その次にあけたのはDal Forno RomanoのValpolicella Superioreです。
なんじゃろか、初めての味です、なじみが薄い感じで、違和感。
調べてみるとロマーノさんは神様と呼ばれているそうです、理由は不明。
その神様がイタリアのヴェネト州でつくったヴァルポリッチェラ、
ぶどうは、コルヴィーナ&コルヴィーナ・グロッサ70% 、ロンディネッラ20%、
クロアティーナ5%、オゼレッタ5%、だそうですが、何がなんだかわかりません。
どれひとつとっても初対面です、美味しくないのか、と言われたら、
そういうこともないのですが、これ、好き!とはいきませんでした。
とにかく最後までへんな感じ。濃厚で、ふぅわりと酔います。
 『果実風味の塊、恐ろしいほどの深みに完璧なハーモニー、
 そして終わりなき複雑さと余韻』
と、紹介に書かれていましたが、そういうのって全くわからずに、
飲み終わってしまいました。(2002年なので問題はないと思うのですが)
どんな人か全くわからず、実際会って喋ってみてもよくわからず、
結局、全く知らない人だった、という体験をしたような感覚でした。
会長、スミマセン。
[PR]
by orochon3 | 2010-04-12 09:05 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...

タグ

(137)
(114)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧