会長の置き土産

去年、職場からひきあげてきたワインの中に、
ワイン会の会長が置いていかれたものがありまして、
飲んでいいヨ、というお許しを頂いたので、
それを勿体つけながらあけております。
何しろ自腹では決して買わないワインばかり。

MARIUS2005年はカベルネ・ソーヴィニヨン100%のラングドックのワイン。
パーカーさんも試飲できなかったほどの希少なワインだそうで、
それがナゼ私の手元に?!嬉しいご縁です。
柔らかで繊細、会長を思い出す香りのワインでした。

そしてAZELIAのBAROLO2001年。ネッビオーロ100%。
バローロもよく会長と頂きましたが、AZELIAは初めて。
力強い、力強い。でもちょっとお洒落。力道山みたいでした。

CAECILIA2003年は、サエシリアと読むのですね、難し。
これ、大好きな味!と思ったらやはり、ラングドッグでした♪
ムールヴェードル31%、シラー28%、グルナッシュ26%、カリニャン15%
好きなぶどうのオンパレード。美味しい、美味しい。
美味しいワインは本当にすぐになくなります。哀しい。

その次にあけたのはDal Forno RomanoのValpolicella Superioreです。
なんじゃろか、初めての味です、なじみが薄い感じで、違和感。
調べてみるとロマーノさんは神様と呼ばれているそうです、理由は不明。
その神様がイタリアのヴェネト州でつくったヴァルポリッチェラ、
ぶどうは、コルヴィーナ&コルヴィーナ・グロッサ70% 、ロンディネッラ20%、
クロアティーナ5%、オゼレッタ5%、だそうですが、何がなんだかわかりません。
どれひとつとっても初対面です、美味しくないのか、と言われたら、
そういうこともないのですが、これ、好き!とはいきませんでした。
とにかく最後までへんな感じ。濃厚で、ふぅわりと酔います。
 『果実風味の塊、恐ろしいほどの深みに完璧なハーモニー、
 そして終わりなき複雑さと余韻』
と、紹介に書かれていましたが、そういうのって全くわからずに、
飲み終わってしまいました。(2002年なので問題はないと思うのですが)
どんな人か全くわからず、実際会って喋ってみてもよくわからず、
結局、全く知らない人だった、という体験をしたような感覚でした。
会長、スミマセン。
[PR]
by orochon3 | 2010-04-12 09:05 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)