新たなる世界へ

実は焼酎が苦手でした。
昨年くらいから米焼酎が主ですが飲めるようになり、
美味しいんじゃない?と思えるようになり、
このたび「美味しい!」と叫ぶ焼酎と出会いました。
よろしく千萬あるべしという八海山の作った米焼酎です。
へんな名前!と思ったら、中国の吉語だそうです。
説明にもあるとおり、途中で清酒粕を入れた為に吟醸酒のような
いい香り!がします。
焼酎好きの方からは、邪道です、と注意されるかもしれませんが、
これが私の好きな道なのですから仕方がありません。

それでも日本酒とよく似ているけれど非なるもの。
日本酒に比べると透明感があってクールな感じ。
私の贔屓役者伊勢谷友介クンを彷彿とさせます。
すっきり男前な焼酎なので美味しいと感じたのかもしれません。

日本酒はふうわりと身体にしみていくように酔いますが、
焼酎は気がついた時にはキッパリと酔ってしまっていて、
日本酒は現在進行形で、焼酎は過去完了形のよう。

ちなみに、焼酎初心者のレポートとしては、
好んで、というなら米ですが、麦と芋までは大丈夫でした。
ロックにしたり何かで割ったりする飲み方もありますが、
私はそのままがしっくりくるようです。

お甘の世界とは絶縁してしまった身では、
お酒の世界をもっと広げて愉しもうと思います。
これでひとつ広がりました!
[PR]
by orochon3 | 2010-04-30 17:12 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧