不思議な朝
数日前、朝の散歩の時にとある豪邸の前を通りかかりました。
ちょうどそこから出てこられた老紳士とばったり遭遇して
「おはようございます」とお互いに挨拶を交わしました。
その後夫と私はぐるりと散歩をして吾が家近くへ戻って来たところ、
正面から、かの老紳士が歩いてこられました。
やっ!と笑顔で片手をあげられますので、こちらもつられて、どうも!
そして二言三言ことばを交わしました。

そして数日後。
またあの豪邸の前を通りますと老紳士が道路を掃いています。
「おはようございます」とご挨拶して、通り過ぎようとしたら、
老紳士にいきなり「奥さん、カレーやらシチューやら作りますか?」
と尋ねられました。とっさに「は、はい」と答えましたら、
「月桂樹があるから持っていき」とお庭に招き入れられました。
豪邸のお庭は広く、お言葉通り月桂樹が生い茂っています!
まだ若い樹の葉を一枚ちぎって渡されました。
「匂ってごらん」と老紳士はにこやかに言いました。
おお、これはこれは良い香り!乾燥したものしか知りませんでしたが、
生の葉からの香りはなんとも美味しそうな良い香りがします。
もっと古い樹の枝を2本切ってくださいました。

喜ぶ我々を見て、老紳士は今度はずらり並んだ丸い鉢々を見せます。
「アロエやねん、好きなのを選んで持っていき」
鉢は大小合わせて50鉢くらいあるでしょうか、選べと言われても、
5時過ぎの10月の朝は、まだお星様が出ている暗さです。
なんだかよくわからぬままに小さな鉢をひとつ選びました。

それからも色々と冗談まじりの楽しいお話を伺って、御礼を述べて、
老紳士とお別れしたのですが、鉢を持った夫と月桂樹の枝を持った私は、
どこかから泥棒してきたと思われないかとちょっと心配しつつ、
もう少し散歩を続けて帰路につきました。

月桂樹についた泥を落としていると、また良い香りがしてきました。
b0019591_8421120.jpg

アロエはベランダのはしに鎮座しています。
b0019591_8422587.jpg


そういえば、老紳士とはまだ二回しかお会いしていませんでした。
福福しいお顔で気さくな老紳士からの頂き物には、
なんだかとても良い「気」があるようで、吾が家に福が来るのでは!
嬉しいご縁、ありがたい頂きもの、けれどちょっと不思議な朝でした。
[PR]
by orochon3 | 2010-10-10 09:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画