秋のお酒いろいろ
秋も深まりお酒の美味しい季節です。
いつもの酒屋さんでみつけた、地元兵庫県の三宅酒造さん
「丹波の秋滴 ひやおろし 純米原酒」。
これ、お酒が私を呼んでくれたのです、本当です。
秋の夜長にゆっくりじっくり、といきたいとこではありますが、
哀しい720ml、あっという間になくなってしまいました。
またまた買いに走ったのでありました。
どんな味かというと、ずばりワタクシの好きな味です。
口に入れた時にムワリといい感じの粘りがあって、
こっくりと風味が広がってゴクリと頂けます。
アイスクリームのうたの歌詞に「ノドを音楽隊が通ります」
というのがありましたが、このお酒を頂くときには、
ワタクシのノドを三橋美智也が通っていったので、
両手をまわして揺れていました。

先日、大好きな某百貨店のお酒売り場で物色中に、
昨年購入した真鶴なかどりを見つけてしまい、美味しかったなぁ!
と思い出していると店頭の叔父さんが試飲させてくれました。
これ、これ、これですよ、美味しいです、やっぱりね。
しかし高価なのでございます、迷いますね、で、断念しました。
帰ろうとしたところ、私を遠くから見ていたのでしょうか、
こじんまりと隅のコーナーで販売を展開していた叔母サマから
「高くて美味しいお酒はあたりまえ!安くても美味しいお酒がこれ!」
と声をかけられました。
これも地元兵庫のお酒、「播州一献 吟醸 生貯蔵酒」という一本。
真鶴の三分の一の価格ですからね、即決で頂きました。
確かに比べるとお味は少々軽めではありますが、吟醸の良い香りが広がり、
島倉千代子の「愛のさざなみ」のように、やさしく、やさしく、酔いました。
私の大好きなプレミアムコットン(ユニクロ)を彷彿とさせる舌触りです。

究極の地元「白鹿 しぼりたて」をいつものスーパーでみつけました。
白鹿の春夏限定「すずろ」を以前よく頂いたのですが、
こちらは秋冬限定だそうで、初めての対面でした。
900mlと量が多いのがウレシイですが、お味は、、、
ちょっと浮かれ気分でやっちゃった!という感じ。
中途半端な甘さが気になる80年代のアイドルの、
ぶりっこという言葉を久しぶりに思い出しました。
私は面食いなので男前なお酒が好きです!
[PR]
by orochon3 | 2010-11-15 14:48 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画