まるで王侯貴族きどり

いよいよラスト三本となったワインセラーのお宝。
なんだかよくわからないけれど、最後まで残していた白。
ビアンヴニュ・バタール・モンラッシェ1992年です。
b0019591_1064932.jpg

空き瓶ですら、おいそれとは近づき難い気品がございますね。

飲み頃、いつなんでしょう。
グラスにあけた状態は、黄金色がもう少し茶がかったくらいの色。
こっくりこっくりまったりまったりと何重にも重なった香りとコク。
そしてお味は、またまた美味しい、美味しい。
かなり甘さもありますが、そこに何故か胡瓜の古漬けがよく合います。
なんだかちょっと貧乏臭い、とブルソーを出してきましたら、
さすがにこちらの方が良く合いました。やっぱりね!
やはりこういうワインを頂く時は、堂々と優雅に頂かなくては!
連日の美酒続きでちょっと勘違いしてきているようです。
それでもあと残りは2本、つかの間のブルジョア気分を味わっております。

去年のピュリニー・モンラッシェよりも幾分お姉さん。
白雪姫というよりも眠れる森の美女のような華やかさ。
けっして小人さんたちと踊ったり致しませぬ。

こちらは会長ではなく某親分サンからの贈り物。
10しかないドメーヌのうちの一つ、かなり希少なワインのようです。
ビアンヴニュなんて洒落た冠のモンラッシェなんて知りませんでした。
勉強になります。
某親分サン、どうしているかしら、景気回復されたかしら。
遠く関西の地よりご繁栄をお祈りしております。

このワインも再会は絶対ないので、記念写真です。
b0019591_1018942.jpg

[PR]
by orochon3 | 2011-06-09 10:22 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)