むかしの味いろいろ

ある本を読んでいて、ふと食と私の関わりのなかで、
印象の深い料理は何だろうと考えました。
その中でも外食というくくりの中なら何だろう。

幼稚園から12歳まで、いわゆる1970年代。
外食の舞台はほぼ三宮、元町でした。
思い出すままに並べると、
星の子チョビンをテレビで流してくれたおうどん屋さん。
センター街地下の焼き鳥店、鳥光。
名前は忘れてしまった喫茶店の鉄板にのった焼きそば。
グリーンヒルホテルの食堂、馬加羅のカツカレー。
ダニーボーイの甘い玉葱ソースのハンバーグ。
何故か学校を休んで行ったハイウェイのハンバーグ。
大丸に行ったら楽しみだった屋上のたこ焼き(明石焼)。
きつねうどんが美味しかった角のちから餅。
勢いあまって鉄板で手を火傷したスターのお好み焼き。
家族の集まりで必ず行った県庁近くの天京。
にしむら珈琲のぶどうジュース。

中でも一番たくさん食べたのは恐らくスターのお好み焼き。
私のなかで、お好み焼きの原点がここのものです。
そしてこうしてみると今でも同じ場所で残っているのは、
鳥光とにしむら珈琲しかないではないですか。
もう食べられないと思うと、余計に懐かしく思い出されます。

で、印象に深い料理、と言えば、、、結局ひとつに絞れず。
[PR]
by orochon3 | 2011-07-01 13:51 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)