旧友のお酒 その2

5月にご紹介した旧友のお酒の第二弾です。
桐の箱に入ったすごい威風堂々たるたたずまい。
「私は高価なお酒でございます」と無言のプレッシャーをうけて、
なかなか箱を開けることができませんでした。
機をうかがっているといつになるかわからない、飲もうと思った時がその時!
ということで、ある日いきなり桐の箱を開けたのでした。

奈良の千代酒造さんの大吟醸「吟和」というお酒です。
全国新酒鑑評会で8回連続金賞を受賞されているそうです。
、、、だからというわけではありませんが、私はこのお酒が好きです。
肌に合うというか、昔から知っている人みたい。
安心感があって、とても親しみを感じるのです。
美味しい、と感じると同時に、好き、と感じたのでした。
もったいないからちょびちょび頂こうと思っていたのに、すぐ空になりました。
b0019591_14135667.jpg


テレビで、やしきたかじん氏のハワイの別荘が披露されていました。
氏が大好きというオーパスワンの空き瓶がところ狭しといたる所に並んでいます。
普通ならば、なんて下品な!と眉をひそめたくなるところでしょうが、
私はこの吟和の空き瓶が並んだ家に住みたいと思ってしまいました。
きっととても美しいことでしょう、オーパスより断然イイ景観です。
[PR]
by orochon3 | 2011-10-25 14:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧