彼の地へ

先日、大女優高峰秀子さんを偲ぶ会がありました。
20年以上も前のことですが、もったいなくも吾が母に、
高峰秀子さんとご縁ができまして、母を通じて私にもご縁を頂きました。
そして二人、この度の偲ぶ会にお招き頂いたのでした。

偲ぶ会の会場は砧の東宝撮影所の中でした。
東宝、というよりも私にはP.C.L.の方が馴染みがあって、
あの噴水を囲むリベラルな雰囲気、グラスステージ華やかな新しい撮影所、
というイメージが強いのです。
松竹の、あの、大部屋、幹部、大幹部という序列厳しい世界ではなく、
新しい撮影所のワクワクした素敵な雰囲気は、様々な方が書いています。
高峰秀子さんの御著書「わたしの渡世日記」にも鮮やかに書かれていました。
勝手な私の想像は飛躍して、今でも東宝撮影所の噴水の周囲には、
原節子さん、堤真佐子さん、椿澄子さん、エノケンさん、岸井明さん、
そして成瀬監督や山中監督、そして高峰秀子さんたちが行き来している!
いつの間にか胸は高鳴っておりました。

「あの噴水はどこでしょうか?」撮影所の方に尋ねました。
すると噴水どころか、昔の建物は立て替えられて跡形もないそうです。
それを教えてくださったその方が、
とても嬉しそうだったのが強く印象に残りました。
やはりいつの時代も新しい施設は、現場にとっては嬉しく誇らしいのですね。

偲ぶ会では、冒頭に高峰秀子さん出演映画のダイジェストが上映されました。
初出演の1929年「母」が映し出された時には、思わず、あっ!と声が出ました。
初めて見る貴重な映像でした。最近発見されたのだそうです。
頂いた資料には169本の作品に出演されたと記されていました。
すさまじい私生活を背負いながら、これだけの仕事をされたのだということを
あらためて感じました。あらためて、ものすごい方だったのだと思いました。
ほんのわずかな時間ではありましたが、たくさんのことを教えて頂きました。
その幸福に感謝して、決して忘れてはいけないと自分に言い聞かせました。


東宝撮影所、今では東宝スタジオと言うのだそうですね。

b0019591_8243177.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-03-29 08:17 | | Comments(0)