大失態!

「ママのおはなし」でトリコになった村山知義の画。
いま、京都の国立近代美術館ですべての僕が沸騰するが開催中。
これは是非とも行かなくては、連休が終わったら行こう!
と、楽しみに楽しみにしておりました。
そして、はれて連休明けの7日、夫を誘って京都へ走りました。
岡崎公園の駐車場へ入れようとしたその時、入り口に看板が、、、
「近代美術館 本日休館」と書かれています、そしてワタシの悲鳴。
ああ、やってしまいました!
出発前に、せっかく岡崎公園に行くならお昼は岡北に行こうヨ!
定休日は火曜日だから大丈夫!
なんて念入りに調べていたのは当のワタクシ。
本来の目的から既にここでズレていたのですね。

休館は休館、もう仕方がないではないか、と仕切り直しです。
目的は岡北でおうどんを食べることにすり替わりました。
開店時間まで平安神宮にお参りして、10分前に岡北へと向かうとスゴイ行列!
すわ、出遅れた!と思いきや、岡北に並んでいるのは4人だけ。
行列の方はお隣の山元麺蔵の方、いつもテレビによく出る有名店ですね。
そしてよく見ると、お隣に並んでいるのは若い方がほとんど。
こちらの方はかなりのお年をめした方々。
お一人の御婦人のお話を伺っていると、90才近い年齢のもよう。
もともとは大阪の本町の生まれで、焼けだされて京都へ移ってきた、
などという歴史を、開店までのわずかな時間に語っていらっしゃいました。
貴重な時間でございました。

肝心要のおうどん、今回は海老天入りけいらんにしました!
b0019591_9123352.jpg

ほそくて柔らかくて美しいおうどん、素晴らしく上品なお出汁。
海老天はごま油が効いていて程よい大きさ。
他に筍とししとうと海苔の天ぷらもおまけに入っていました。
(ワタシは筍が好きではありませんが一口だけ味見にかじって夫へ。)
あっという間にたいらげてしまい、目的は果たされてしまいました。
美味しかった!と感動しても、この時点でまだ12時過ぎです。
このまま帰るのはもったいない、ということで、ワタシの念願だった、
松尾大社へお参りに行く事にしたのです!
そうです、日本第一酒造神と仰がれている松尾大社です。
毎晩お酒を頂く時に、いつか松尾大社へ御礼に行きたいと思っていました。

ひょんな事から念願叶い、いそいそとお参りに行きました、、、が、
立派な御門を入り、本殿へと進みますと、気持ちがグゥと押さえ込まれ、
全身がこわばり文字通り息がつまってきます、こ、こ、怖い、、、。
勇気をふりしぼって御礼を申しあげてそそくさと退散しました。
ワタシはごく稀に、ココはアカン!と思う場所があるのですが、
今回はそれが非常に強かったのです、不思議だなあと思って、
入り口の説明看板を読んでいて、はたと気付きました。
HPにも詳しく書かれています。
 
 「松尾大社は、平安時代よりその類い希な霊力によって、
  『松尾の猛霊』と崇められるとともに、皇城鎮護の神(都の守り神)と
  称えられた京都最古の神社の一つです。」

一介の酒好きがフラフラとお参りに来るところではなかったのですね、、、
何も存じ上げず申し訳ございませんでした。
でも、御礼を申しあげることができたので今は穏やかな気持ちです。
b0019591_929202.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-05-09 09:35 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)