リベンジ!

過日、休館日を知らずに訪れてしまった京都近代美術館。
泣く泣く見逃してしまった村山知義展でした。
そんなある日、街角のポスターで発見したのが今和次郎展です。
春にピリカさんいらっしゃった関東での今和次郎展が、
大阪民族学博物館でも開催されるというではないですか。
これは是非とも行きたい、行きたい、と思っていたら、、、
気がつけば終了日が目前となっていました、急げ!
と、その前に休館日を確認しなくちゃいけません。
大丈夫、水曜日でした。

さて今和次郎展、
正式名称は、特別展「今和次郎 採集講義−考現学の今」です。
今和次郎といえば、ちくま学芸文庫の『新版大東京案内』しか
読んでいませんが、新宿区立博物館でも展示があった記憶が、、、。
ともかく細かいひと、という印象ですが、その興味の対象が、
わたしの興味の対象と重なる部分がある、ような気がしていました。
果たして、今回の今和次郎展では内容に大満足、展示方法に不満大!

各店の女給さんの服装から男女の服装の細密な採集。
どれもこれもワタシのハァトに直撃する内容のオンパレード。
考現学のおもしろさ、重要さ、貴重さを深く感じ、
ひとつひとつの採集結果に見入る、、、ことができないのです。
細かい細かい図や字を見るには照明が暗過ぎます。
何より、展示場所が低い位置にある為かなりかがまなければいけない。
その姿勢を続けていると腰が痛くなる、膝が痛くなる。
長々と見るんじゃないヨ!と言われているような展示の仕方です。
それを続けているとストレスがたまって、もう見なくてもイイ!
というような自暴自棄となってしまうのです。
年々すすむ老眼のせいばかりではなく、本当に観辛い展示でした。

このストレスがたまる中、かなりワタシのツボに入ったのは、
今和次郎弟が調べた青森の工人の一週間の食べたものリスト。
図入りの一覧表なのですが、一日目(その日仕事は病欠)から、
朝の食事に小さなお猪口が描かれています。
小さく「ブドー酒」と注釈されているのですが、
それが仕事のない日は、朝昼晩とお猪口の画がついているのです!
もちろん仕事の日は夜だけです。
何年の調べなのか覚えていませんが、毎食ご飯を二膳。
お菜も単品が多く、一汁一菜に近い質素な食事。
その中で、ブドー酒を毎食呑むというのは???
単なるお酒好きなのか、それともブドー酒は栄養剤の変わりなのか。
とても気になる調査結果なのでした。

今回誘ってつきあってくれた吾が夫、ワタシが興味を惹くものは、
いつも好まない彼が今回はワタシよりも熱心に観ていました。
「おもしろいなあ、すごいなあ」と口にして、喜んでいたので、
今和次郎のすごさを改めて思い知ったのでした。

場所は万博公演。
駐車場からは太陽の塔、、、なんと後ろ姿はコワイですね〜。
b0019591_131152.jpg

[PR]
by orochon3 | 2012-06-18 15:56 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)