夏の終わり

「夏の終わり」といっても、キャロルの名曲ではありません。

いよいよこの8月もおしまい。
そして、優しい大好きな叔母が送ってくれたお酒もなくなりました。
叔母が山形県酒田へ旅した際に、送ってくれた貴重な4本でした。
嬉しくて、美味しくて、夏の終わりと共に空瓶となってしまったのでした。

b0019591_1422780.jpg

上喜元 純米大吟醸 出羽燦々 槽垂れ 特注品。
パンチじゅうぶん、なのに、さわやかで軽やか。
西城秀樹の名曲薔薇の鎖がいつしかバックに流れていました、イェ〜イイェ〜イイェ〜イ!

「地酒 山居倉庫」というのは、庄内米100%のお酒だけが名乗れるという
統一のブランド名なのだそうです。

b0019591_14254182.jpg

東北泉 純米大吟醸 美山錦 雫どり 特注品。
とにかくスッキリ!
そして後口がなぜかぴりっとしたさっぱり感。嫌いじゃありません。
あと残りがほとんどないお酒です。たつ鳥あとを濁さず。

b0019591_1426553.jpg

鯉川 純米大吟醸 亀の尾 雫どり 特注品。
かおりがあまくて、イメージ的にはシュガーシナモントーストみたい。
甘いお菓子のようなのに、実はきりりとひきしまる不思議な味。
濃いのです。こっくりしてるのにまったりではなくキレがある。
重量級の醤油ラーメンといったかんじ、決してとんこつではありません。
そして、美味しいのです、けれど、どんどんすすむお酒ではありません。
ちびりちびりとたのしみました。

b0019591_14284743.jpg

上喜元 純米吟醸 亀の尾 雫どり 特注品。
香り良く酸味良く後口良く、何よりバランスが良い!
とってもとっても美味しかったです。
すきのない美しさとでも言いますか、凛として美しい川崎弘子サンです。
b0019591_14324265.jpg



今回、これらのお酒さん達は、酒田の木川屋さんという酒屋さんから
四本とも新聞紙にくるまれて届きました。
一本一本に手書きで内容が書かれています。

b0019591_14334322.jpg

木川屋さんがお酒をどれほど大切にされているか、その愛情がこれだけでも良くわかります。
そして各々のお酒には、詳しい詳しい丁寧なお酒の説明書がついていました。
どんなお米でどんな酒類のお酒なのか、どうやって呑んだら美味しいか、
赤ペンで直接丸印を入れたり、名前を書いたりしてくださっています。
呑みながら読んでいたら、最近とみにすすんだ老眼のせいか、酔いのせいか、
ぐるぐると細かい字が踊り出して、結局ちゃんと読めません。
木川屋さん、せっかく入れてくださったのにごめんなさい。
(ちゃんと呑んでいない時に、しっかり読みました!)

そして、気がついたら、夏の終わりを迎えていたのでした。
ごちそうさまでした!
[PR]
by orochon3 | 2012-08-31 14:46 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)