お気に入り

今回の「西宮酒ぐらルネッサンス」に出店されていたリストです。

金鹿の灘酒造、白鷹、大関、寳娘の大澤本家酒造、白鹿の辰馬本家酒造、
島美人の北山酒造、白雪の小西酒造、日本盛、徳若の万代大澤醸造。

そして、今回とても気に入って何度もおかわりをもらいに行ったのが、
日本盛の五訓、本醸造というお酒です。
甘口よりだそうですが、甘いとは感じませんでした。
いいぐあいに口中にからんでくる、なんとも旨口のお酒です。
何かで金賞をもらったお酒のようです、このお酒に金賞をあげた人はエライ!

b0019591_13374416.jpg


この日、行きの阪神電車の社内広告に、沢の鶴が最近出したお酒、
「米だけの酒 旨みそのまま10.5」というのを見ました。
詳しくはコチラにあります。
どうしてアルコール度数を10.5%と低くするの?どうして軽い味がいいの?
テーブル日本酒というシリーズもあるらしいのですが、、、
なんだか、無理くりに日本酒をワインのイメージにもっていっているようで、
ワタシには理解不能です。
ワインはワインの美味さがあるし、日本酒は日本酒の良さがあるし、、、
と思うのは頭が固いと言われるのでしょうか???

そして味わい酒ぐらどおりでは、ワタシがプラカップを出すと、
「こちらに甘口の呑みやすい○○もありますよ〜」と必ず言われます。
「ワタシこっちの方がイイ」とはっきり言うと喜んでもらえましたが、
お酒を売る側にも、お酒を造る側にも、そしてお酒を呑む側にも、
いろいろと意思の疎通が必要だなあとつくづく思ったのでした。
思っているうちに、酔っぱらったので、思っただけで終わったのですが。
それにしても、今年もやっぱり、おじさん率が高かったですねェ〜。
[PR]
by orochon3 | 2012-10-07 14:04 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧