歳末大放出、その3

年末になるとジュリーを聴いてしまうのは、
レコード大賞とか紅白歌合戦とかで、いつもピカピカしていたからでしょうか。
大好きなジュリー、いま聴いてもどの曲もドラマチックでカッコいいですね!
その時その時で好きな曲があるからどれが一番かなんて決められません。
その中でもシビレルな〜と思うのは「LOVE 抱きしめたい」の世界です。
歌詞、メロディ、そしてジュリーの声と容姿がぴたりとはまってスバラシイ。
いつもジュリーの話題になると疑問に思うことがあるのです。
「君をのせて」の中で“粋な歌をうたい〜”という歌詞がありまして、
ズバリ「粋な歌」ってどんな曲なんでしょうか???


、、、なんてバカなことを言っている間に今年もあと4日です。
お酒の写真もこれでオシマイ!となるでしょうか?

b0019591_91936.jpg

綾菊 特別純米酒 國重。
香川県の綾菊酒造さんのお酒です。
またしても仕事で香川に行った弟のお土産酒。
厳しさのある、でも優しい田舎のおじさんを彷彿とさせます。
日に焼けた土の匂い、実直なまじめな味でした。もちろん美味です。

b0019591_920337.jpg

川鶴 純米大吟醸 袋しぼり 無濾過。
いろいろ書かれた情報量いっぱいのラベルはあまり好みではありません。
これも同じく香川に仕事で行った弟のお土産です。
香川県の川鶴酒造さん。
冷やして呑みました。きびしいです、シャープです。
先に少し常温で呑みましたらもう少し優しいのですが、
冷やすとキリキリとのどをついてくるのがわかります。
のどばかりでなく心の臓をスルリとつくようなくらいのシャープさです。
なぜか成田三樹夫?を思い浮かべてしまいました。

弟曰く、香川県も愛媛県も酒屋さんが少なく見つけることができなかったとか。
よって、百貨店のお酒売り場で購入してくれたのでした。四国ってそうなの?

b0019591_9243410.jpg

六歌仙 超濃厚純米 限定 今朝のしぼり。
父の田舎である山形から届いたお酒です。
田舎のまちではこの六歌仙の看板があちこちに見られます。懐かしい。
こくて深い、強いけどやさしい、ドカベンみたい。優しく酔っぱらいました!

b0019591_9253574.jpg

京の春 純米吟醸 ええにょぼ。
京都に移り住んだ知的美人のHさんからの伊根土産で頂きました。
この向井酒造さんは女性杜氏で大変有名なのだそうです。
黄みがかった色です、黄金いろ?というくらい黄色。
くせのない味で、吟醸香は強すぎずほどのよい香り。
平均台でくるりとまわったような感じで酔いました。

b0019591_9275040.jpg

熊野路。
お葬式で田舎に帰っていた夫のお土産です。
名前に反して和歌山市内の天長島村酒造さんのお酒でした。
なんとラベルの文字は昭和天皇の侍従長をされていた入江首政様が
書かれたのだそうで、身が引き締まります。
黄色い色です。濃いです。
日に焼けた姐さんかぶりのお母ちゃんが野良仕事しているような味です。
土着の味。なんと翌日夕方まで鼻先に香りが残っていました!


すべりこみセーフ?!ようやくとりあえずはこれでオシマイ。
今年も本当にたくさんの美酒を頂きました。
空になった瓶をながめながら、美味しく頂けた健康にも感謝しつつ、
皆々さまに心からの感謝をこめて!ごちそうさまでした。
[PR]
Commented by ぷりんまま at 2013-01-07 00:18 x
すっかりご無沙汰しています。お元気そうで何より。
今年も仲良くしてくださいにゃ。
気がつけばすっかり日本酒ブログですにゃん。
呑めないわたしからすると
めっちゃうらやましいよ〜。
グルメなoroさんには恐縮ですが
なんか美味しいもの持参で
今度は芦屋へ出没したいっす〜。
今年もよろしくにゃ!
Commented by orochon3 at 2013-01-07 07:43
ままサマ、ようこそ、ようこそ!お待ちしております〜

お酒ばっかりなので、周囲からはかなりヒンシュクなんですが、
美味しいものはやめられませんのです、、、。
こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いいたしまする。
お目にかかれるのを楽しみにしてまぁす!
by orochon3 | 2012-12-28 09:32 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)