ハワイア〜ン

いつからか忘れましたが、気になる花がありました。
ちょうど今頃、6月頃に咲いている花です。
どちらかというとよく道ばたに咲いている花です。
花の名前なんてまったく詳しくないので、
その姿から勝手に吾が家ではハワイアンと呼んでいました。

昨日の夕方、夫と散歩中にとある花畑を通りました。
とある空き地をその隣に住んでいる女性が、勝手に花畑にして、
季節、季節の花々で我々通行人の目を楽しませてくれているのです。
そして丁寧に花の下に名札をつけてくれています。
おお!ここにもハワイアンが!!
b0019591_943435.jpg


根元を見ると、「たちあおい」と名札がついていました。
なんとも風雅な名前ではないですか。
調べてみると、小アジアまたは中国産なのだそうです。
平安時代から日本にあったようで、その頃は唐葵と呼ばれていて、
江戸時代には立葵となったのだとか。
「葵」というのはこの「立葵」のことで、
「あおい」は、葉がどんどん太陽の方に向かうところから、
「あうひ」(仰日)という意味なんだそうです。賢くなりました。
てっきりポリネシアンとか南洋的な花だと思っていたので、
ハワイアンなんて無粋な名前で呼んでいてゴメンナサイ。
[PR]
by orochon3 | 2013-06-09 09:29 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧