タカラヅカ

田辺聖子さんのエッセイを読んでいると、宝塚歌劇のことが
幾度となく出てくるので、必然的に色んなことを思い出します。
ちなみに全国的にどうなのかは知りませんが、我々阪神間の者は、
宝塚歌劇のことを単にタカラヅカと呼びます。
タカラヅカに行く、というのは歌劇を観に行くという意味になるのです。
小さい頃には今はなき宝塚ファミリーランドによく行きましたが、
そこに行くときは、ファミリーランドに行く、と言うのでした。
話を戻します。
今から10年前は、宝塚歌劇創立90周年の記念公演がありました。
演目は、お芝居スサノオとタカラヅカグローリーというレヴュウ。
何故ワタシが詳しいのかというと、何度も観に通ったからです。
ファンでもないワタシが何故通ったかというと、
この公演が、吾が敬愛する先生のお嬢様の初舞台だったのです。
その後雪組に入ったお嬢様の公演は、退団されるまで欠かさず観劇致しました。
2006年のベルばら公演→も観に行きました。懐かしい。

今から10年前の90周年の公演では、
90という文字のついた帽子をかぶりラインダンスを踊ったお嬢様。
その公演では特別にその他に90人のラインダンスというのもありました。
そしてあれから10年が経ち、今年は宝塚歌劇団創立100周年。
もしや100周年では100人のラインダンスがあるのでは???
そんな疑問が浮かんで、久しぶりに観に行ってみようかな、、、と思いました。
どんな公演なのか内容もまだ決まっていない頃でした。
そして、まだ春浅い寒いある日のことです。
阪急電車のホームで電車を待っていたワタシの目に飛び込んだあるポスター。
そこだけ別世界。ショートケーキに砂糖菓子をふりかけたような色合い。
あまい、あまい、実にあまい。
これぞタカラヅカ!というポスターに、
これで100年やってます!という重みと意気込みがありました。
早速大劇場へチケットを求めに参りまして、ついでにたこ焼き食べました。
4月の観劇が楽しみであります。

田辺聖子サンは著書『夢の菓子を食べて』の中でこう言われています。
曰く、宝塚を観に行くのは春が一番よい。
ワタシも同感でありまして、春うららかな気候の良い時期、
桜も吹雪いていればなおよし!
なんとなれば、観劇中のうたた寝の気持ちよいことと言ったら、、、。
[PR]
by orochon3 | 2014-03-22 09:43 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)