時々は観ましょう

4月に久しぶりにタカラヅカを観に行って、今年は100周年の記念の年だから、
もう一公演観ようではないか!と盛り上がった私たち三人。
(知的マダム秋桜さまと母とワタシ)
明るくて楽しそうな演目を探して待って、ようやくこれなら良いのでは?!という
公演を観に行ってきました。
シェイクスピアの真夏の夜の夢を題材にした陽気で華やかなミュージカル「PUCK」と、
「クリスタル・タカラヅカ」という意味不明なショウの二本立て。
だいたいにおいて、ショウの方はいつも意味不明で、絢爛豪華な世界が繰り広げられ、
あぁ、タカラヅカ観たぁ〜!と満腹感にひたりながら家路を辿る、、、てな具合。
(恐らく、意味はそれぞれあると思うのですが、よくわからないワタシ)

15時開演の部だったのでお昼を食べて行ったのに、しっかり開演前にたこ焼きを食べました。
たこ焼きを食べて、タカラヅカの大劇場に身を置くと、途端に夢の国へ。
(これ、たこ焼きがないと決まりません、落ち着かないです)

肝心のミュージカルは賑やかでちょっと幼稚ですが華やかで楽しかったです。
PUCKのつづりを読み間違えて「プック」とみんなに呼ばれている時、かなりツボでした。
そして、休憩でトイレに行って戻って来たら舞台はこのようになっていました。
休憩時間なのでみんなこの舞台をバシャバシャ撮影していました!

b0019591_9284280.jpg


さあ、ショウの始まりです。
トップスターさんコンビのダンスや群舞にラインダンス、そして黒燕尾服でのダンス。
やっぱりあんまり意味はよくわかりませんが、それでもタノシイのです!
大階段が登場し、じゃんじゃかみんなが降りて来ます。
最後に羽を背負って降りてくるトップさん、それを全員が迎える。
スゴイ、スゴイ、目の前がチカチカします。まさにきらびやかな夢の世界。
そして幕がおりると、お約束の「さよなら皆さま」の曲が流れ、現実に戻りました。
ああ、楽しかった、また行きましょう!
[PR]
by orochon3 | 2014-10-31 09:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)