梅田で食べる

ふと思い立って、お昼に夫婦で梅田へ出かけました。
「なに食べたい?」と夫に聞かれて、「なんでもいいけど、、、」
と言いながらも、さっきから頭に浮かんでいるのはミュンヘンの唐揚げです。
お初天神へお詣りしてから、いつものミュンヘンに向かいました。
それにしても、お昼のミュンヘンはいつも年齢層が高いー。
サッポロの生で乾杯して、待望の唐揚げ。
神戸のお店よりカリカリしていて、あっさり味のような気がします。
たぶん、おんなじなんだろうけど、、、。
b0019591_1117559.jpg

そして、どうにも気になっていたひと品。
その名もビアホールのナポリタン。
近頃、本格的パスタ料理に魅力を感じなくなりました。
ボッタルガとかアマトリチャーナとかプッタネスカとか、とか、とか。
ややこしい味はもういいねん!という心の叫び。私が食べたいなーと思うのは、
もっぱらミートソースやケチャップ味のシンプルなのものです。
舌が落ち着くところへ落ち着いたというべきでしょうか???
b0019591_11181569.jpg

味が濃くて、酸味がきつくて、ソーセイジが美味しくて、
実に実にビールに合います!!!美味しい、美味しい。
けれど、2軒目を目指すつもりなので、これでオシマイ。
他のお客様観察などして、結局のところ、ここはなんでも高いけど、安心して食べられるから、
年齢層が高いのだ、という結論に至ってお店をあとにしました。
あちこちをふらふらと歩き、こんな店ができてる!あの店がなくなってる!
なんて言いつつ流れ流れて、ついには泉の広場にいきあたりました。
頭の中には何故か餃子が浮かんでは消え、また浮かんでは消えしていて、
「餃子、、、」と口にした瞬間にこのお店の前にいました。
b0019591_17193046.jpg

焼売といえば、ワタシは横浜中華街の肉肉しい焼売が大好きで、
大阪の有名な蓬萊とか一芳亭とかフワフワ系が苦手なのです。
でも、このお店よく見てみると昭和27年創業、という文字が!
古いお店は気になりますね、餃子もあるようなので入ってみましょう。
もうとにかく足が疲れたから早く座りたかったのもありますが。
こちらでは瓶ビールを頂いて、餃子と焼売を注文しました。
肝心の焼売、これは食べたことのないお味です、生姜とか貝柱などが効いていて、
確かにふんわりしてはいますが、こんな味の焼売食べたことないです。
期待していなかったのですが、意外に美味しいのでした。
そして、焼き餃子はそれとは逆に、なんとも懐かしい味。
かなり昔、どこかで食べていた優しい味の餃子でした。
他には夫が玉子とトマトの炒め物を注文していましたが、これも美味しかったです。
ここ、大阪では有名なようですが、まったく知らなかったお店。
ワタシにとってはウレシイ出会いなのでした。
梅田、まだまだ色んな出会いがありそうです。
[PR]
by orochon3 | 2014-11-04 17:52 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

タグ

(150)
(135)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧