グレース・オブ・モナコ

先月にジャージーボーイズを観に行った時に予告編を見て、
これは観に行きたいなーと思っていた映画です。
ジャフの割引券が今月末迄だったのでぽかんと時間の空いた昨日、
夫と観に行ってきました。

グレース・ケリーは、私の中ではイングリッド・バーグマンに次いで嫌いな女優さん。
この二人、なんだかハナにつくのですよねえ、、、確かに美しいけれども。
(ちなみに好きなのは、マリリン・モンローは別格として、
デボラ・カーとかグレタ・ガルボとかとかとか)
で、このグレース・ケリーの映画ですが、単なる伝記的な映画ではなくて、
モナコ公国の存亡がかかっていたり、スパイがいたり、と娯楽感がありまして、
私の知っているグレース・ケリーだけではなく、初めて知る事がいっぱいでした。
ストーリーは面白く、全篇を彩る素晴らしい衣装と宝石の数々、
充分にモナコ公国を堪能できる映画だったのですが、、、、。
とにかく音楽が頂けません。
何もない場面に思わせぶりな音楽が大音響で流れることが多くて、
うん???何かあるの?と何度も期待しては肩すかしをくらいました。
最近の日本のドラマでもいつも思うのですが、音楽が大げさすぎるのです。
そんな大げさな音楽が必要なほど、演技が拙いのですか?
私は大げさな音楽のないドラマ、映画が観たいです。
特に、最近の映画館は音響設備が素晴らし過ぎる程素晴らしいので、
音楽がメインになりそうな勢いではありませんか。
映画って、こういうものだったのかなぁ、、、と考えてしまいました。
普段私がよく観る映画は、ほとんど効果音楽がなくて(音声すらない事もある)
役者主体の、演技で魅せる作品ばかりなのでそう思うのでしょうか。


この映画の主役でもある衣装と宝石についてはコチラ→に詳しいです。
カルティエ、ディオール、ランバン、シャネル、エルメス、、、
確固としたブランド力のある名前が並ぶのは本当に壮観ですねぇー。
ちなみに、肝心要の主演女優であるニコール・キッドマンについては、
よくなさいましたねえ、と労いの言葉をお送り致したく存じます。
グレース・ケリーの優雅さにはほど遠かったのですが、
確かに彼女もとても美しく、よく演じられていたと思います。
[PR]
by orochon3 | 2014-11-12 09:42 | 映画その他(洋画) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
more...

タグ

(145)
(131)
(96)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧