紅葉の京へ!その2

阿閑堂さんで良い買物をした後は、一澤帆布で鞄を新調しまして、
その横ちょにある田中漬物舗で柴漬けを購入しました。
いつも山城乃里なのですが、今回初めてそれを細かく刻んだ粟田漬というのを。
(これ、大正解でした!ご飯に混ぜてパクパク食べています)

だんだん荷物が重たくなってきましたが、頑張って歩き、
ちょうどお昼になったのでみや古へ行ってカレーうどんを食べました。
母は玉子丼付のセットにしたので、何故カレーうどんで白ごはんじゃないの?!と
かなり憤っていたのですが、半分もらったら美味しい玉子丼だったのでした。
それにしても京都の丼は何故あんなにお汁ビシャビシャなのでしょうか。
いつもながら不思議で仕方がありません。美味しいから良いのですが。

くちくなったお腹をかかえて再び歩き四条をめざしました。
思えば、京のまちをフラフラ歩くのはちょうど二年ぶりです。
元気な証拠、ありがたい、ありがたいと思いつつ歩きました。
私の好きなきれのはなで、来年の干支である羊の置物を買いました。
なんと来年は年女ですからね、フンパツしてふたつ買いました。
次は母の用事で鍵善良房に寄り、井澤屋にも寄り、いよいよ荷物が重いです。
ちょっと休憩に菊水でお茶をするつもりが、ミックスサンドも頂きました。
玉子のフィリングに刻んだハムが混ざっていて、それをパンにはさんでいますが、
なんとこのサンドイッチ、パンを焼いてもいないのに熱いのです。不思議なこと。
濃厚で美味しいサンドイッチでした。
さあ、帰りましょう。

と、その前に実は行きたいお店がもうひとつあるのです。
ちちんぷいぷいというテレビ番組で、若旦那21というコーナーがあり、
そのコーナーの大ファンの私は、欠かさず観ています。
そこで紹介された新京極の「大藤」さんに行ってみたかったのでした。
大藤は千枚漬けの元祖で、秘伝の作り方は代々の店主しか知らないということです。
千枚漬けが好きではない私ですが、ここのなら美味しいのでは?と思ったのです。
一番小さな袋づめを買い求め、ついでに錦市場のぢんとらでカレー粉まで買い、
背中のリュックが重い、重い、さあ、さあ、今度こそもう帰りましょう。

と、最後の最後に忘れていました。夫からのリクエスト。
志津屋のペッパーカルネを地下鉄の改札前で購入し、と言っても母が買って、
おみやに渡してくれました。
いい年をして、ランチもお茶もおごってもらい、父からはお小遣いまで頂き、
なんとバチあたりなことかと猛省中であります。

b0019591_1391282.jpg


私もご相伴に預かり、翌朝のごはんに頂きました。ごちそうさまでした。
ちなみに、プレーンのカルネよりもペッパーの方が好きです。

そして肝心の千枚漬けはというと、本当に美味しい千枚漬けでした。
今迄食べていた千枚漬けはナンだったの?というくらい本当に美味でした。
すぐに食べてしまいました。また買いにいかなくちゃ。
[PR]
by orochon3 | 2014-11-24 13:21 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)