自分で選んだお酒

先日梅田の地下街でうろちょろしていた時に、
新潟県の物産を売るお店を発見しました。
(以前は北海道の物産を売るお店があったけれどそれはなくなっていました)
新潟ならば、お酒じゃないですか。買って帰りましょう♪

b0019591_94986.jpg

有名どころから初めてみるもの、ズラリ並んだ日本酒の瓶を前にして、心ウキウキ。
さんざん迷って選んだのがこのお酒です。
樋木酒造さんの鶴の友 別撰。
で、お味はというと、実に普段着のお酒です!
カーディガンにつっかけ履いて、買い物籠さげて市場へ出かけていた頃を思い出す。
ペッタリとした美味しさです。
師走の市場ではレコ大は誰がとるか、紅白のトリは誰やろか?
、、、なんてみんなが言いながらくじ引きの列に並んでいましたね。
そんな事がふと思い出されるような不思議なお酒でした。

HPによると地元・新潟に愛される酒を造り続けている蔵元だそうです。
そしてほとんどがその地元西新潟を中心に流通するという「地酒屋」さん。
これは良い出会いでした。新潟のお酒さんありがとうと手を合わせました。

b0019591_9132829.jpg

そして選びきれずにもう一本。
小山酒造さんの越後自慢 純米。
カラッとしています、ドライです。で、お米のうまみはしっかり伝わる。
私好みのマッタリさはほとんどなくて、きりりとしてサッパリとした味。
昔から続く老舗の洋食屋、白くのりがきいてぱりっとした前掛けを思い出す。
メニューにはトンカツではなく、「カツレツ」と表記してあるお店です。

b0019591_9173172.jpg


御影クラッセに行った時、アラ今夜のお酒がなかった!買って帰りましょう、となって、
とりあえずオアシスのお酒売り場に見つけた、朝日山 純米酒。
いつも実家から頂く久保田千寿の仲間だからオイシイでしょうと選びました。
はい、間違いありませんでした、なんだか親戚の叔母チャンに会ったような感覚。
b0019591_9174430.jpg

b0019591_9175629.jpg

もう少し買っておきましょうと、クラッセ内にある白鶴のお店で選びました。
白鶴の金のマークがなんとなく頼もしくて。
もう一本は下の生一本シリーズの白鶴ヴァージョン。
はい間違いありませんです、スルスルと地元のお酒を堪能しました。

自分で選んだお酒に間違いがなかったら、我ながら嬉しいものですね!
[PR]
by orochon3 | 2014-12-12 09:28 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧