湖国にあそぶ
ある日、母からどこかへ行こうヨと誘われました。
フトコロが少々あたたかくなった父がお小遣いをくれたらしく、
軍資金がたっぷりあるとのこと。
うぅぅん、、、どこが良いかなぁと考えて、思い出したのがお鮨です。
このところ父も母も気に入っているお寿司屋さんがありまして、
それがナント長浜にあるのです、ひこにゃんがいる彦根のまだむこう。
新快速で2時間ぴったりかかりますが、なぜか近頃頻繁に行っています。
食べたものの写真を見せてもらうと、ヤヤヤ!気になるものがあるじゃないですか。
それは、ビワマス。
マスが好きなのです、ワタシ。
天然の脂ののったビワマス、食べたことないけど、さぞかし美味しかろう。
長浜のそのお寿司屋さんでないと食べられないらしいのですが、
なにせ、電車賃がお寿司代くらいかかるので、
いつの日にか食べてみたいなーと思っていたのです。
「ビワマス食べに行きたい!」と答え、数日後には長浜行きが決行されました。

朝8時の新快速に乗ると、乗り換えなしで10時に長浜に着きます。
10時から早速、長浜のまちを散策開始。
古い器のお店から新しい器のお店、お土産もの屋さんや大きなお寺。
歩き回れる範囲のまちの中に、いーっぱいのお店が並んでいて、タノシイ!
挙げ句に「酒」という看板を見つけてしまい、当然入りました。
地酒のお店でした、有名な七本槍もありましたが、長浜のお酒を二本、
お店のオバチャンにすすめられるままに買い求めました。
最初から気になっていたもう一本は、普段の晩酌のために造られたと聞いて、即購入。
合計三本はお店で預かってもらって、目的のお寿司屋さんへと向かったのでした。

そのお店は知る人ぞ知る、京極鮨さん。
大将は36歳という若さで、繊細で美意識が高く、優しいお鮨を握ります。
好き嫌いが激しいワタシですが、にこやかに注文を聞いてくれるので
たのしく美味しくお鮨を食べることができました。
念願のビワマスはあまりの美味しさにおかわり、おかわり!
上品な脂と香り、ビワマスだらけの鮨桶を食べたいくらい。
初めて食べましたが、想像以上の美味しさでした。
b0019591_15202679.jpg


そして大好物のブリ、これも素晴らしく脂と香りが良かったです。
b0019591_15203875.jpg


(実は食べることに専念する為に、写真は撮らずにお酒も呑まず。
 写真は母が横でパシャパシャやっていたのを借りて来ました)

天気予報ではみぞれでしたが、快晴の長浜。
ピューピューと寒風が吹きすさぶ中を、くちくなったお腹をかかえ、
お酒をピックアップして帰路についたのでした。

お父様、お母様、誠にありがとう存じましたー!
[PR]
by orochon3 | 2014-12-23 16:37 | | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画