「昔」の定義

先日のことです。
J:COMのチューナーが新しくなるということで、営業の男性がやってきました。
話していると私より3つ年かさでした。
「映画は観られますか?」と尋ねられた私は、「はい観ます」と答え、
「でも新しいのじゃなくて古い邦画ばっかりなんです」と付け加えました。
そして次に男性が言った言葉に私の目はテンになったのでした。
「ああ、石原裕次郎の映画とか、いいですよね〜、ぼく録画して何回も観てます」
!!!!!
私にとって石原裕次郎は古くない、むしろいまに近いひとです。

あとで、夫に聞いたところ、石原裕次郎はちゃんと古いのだそうです。
「平成に入ってもう27年なんやでー!昭和30年代言うたら充分古いんやでー!」
じゃあ、私が観ている徳大寺伸とか高田稔とか河村黎吉とかは?
1930年代は古くないの?なんて言えばいいの?
検討した結果、「戦前の映画」と言えば良いのでは、という結論が出ました。
けれど、ふと不安が頭をよぎります。
戦前って言ったって、太平洋戦争のことだとわかるでしょうか。
ベトナム戦争とか、湾岸戦争とか、それらすらも昔のことだと言われそうです。

いつまでも変わらずに1930年代の映画を観ている私は、今年48歳になります。
私と1930年代の距離は変わりませんが、私と現在との距離は伸びていたのです。
自分の小さい頃のことが既にもう「昔のこと」の中に入っていたのですねー。
あっという間にオバアサンになって、「昔のひと」になってしまうのですねー。
おおコワ〜。
[PR]
by orochon3 | 2015-01-19 10:04 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)