第二回湖国にあそぶ
二月の終わりに、母と長浜へ行く予定にしていました。
(懐のホカホカしている父がまたしてもお鮨をご馳走してくれました)
目指すは「京極鮨」、目的は琵琶マスと寒ブリ!
ところが例のフルールエンザの大風邪をひいてしまい、
一週間の延期が余儀無くされたのでした。
薬を飲んで大人しくして、咳はまだ残っていましたが、
果たして三月あたまに長浜行きが決行されたのでした。

残念ながら寒ブリはもう時季が終わっていてましたが、
琵琶マスはやっぱり美味しい、美味しい。
そしてコハダが非常に美味しいです、しめ方が絶妙でした。
琵琶マスとコハダばかり頂いてしまいました。
そして今回の嬉しい発見は、二種類の卵焼きです。
関西風と関東風のどちらも愉しめて贅沢なことでした。
小振りで佇まいの美しいお鮨は、目にも口にも美味しい。
何より酢飯の美味しさがまたお鮨の味をグングン引き立てます。
いっぱい頂いて、満腹、満腹、大満足でした。
(いつもながらお父様ありがとうございました!)

長浜のまちはまだ二度目なのに、もうすっかり慣れ親しんで、
食前食後の散歩にうってつけのお店をまわります。
骨董店が多くて欲しいものだらけですが、
吟味に吟味を重ねて、気に入った酒器を買い求めました。

b0019591_1323359.jpg

かねてより探していた片口を見つけました。
少し背が高いのですが、私の手にはちょうど良い感じ。
何より軽いのが素晴らしいです。お値段もお手頃、というよりお安いくらい!

b0019591_13251287.jpg

直径5センチ、高さは4センチの小さめの盃です。
前回、小皿をみつけた地べたに置かれた箱の中から見つけました。
400円也。薄いココア色に緑がアクセントで金がかわいいです。
熱燗(ねこ舌のワタシはぬる燗)にピタリと合いました。

b0019591_13272429.jpg

こちらは初めてのお店で見つけてしまいました。
明治時代の煎茶の湯呑みのようです。
揃えで立派な箱に入っていましたが、ばらでも売って下さるとのこと。
かなり迷いましたが、セール中で2割引という言葉に負けました。
直径は7センチ、高さは4.5センチの大振り。
地酒をひやで頂くときに、、、気分は『晩菊』の細川ちか子サン。

長浜、良いまちです。
[PR]
by orochon3 | 2015-03-19 14:02 | | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画