湖国に食べる

酷寒の地、長浜へまたしても行って参りました。
昨夏の上諏訪行きの際に、父が全旅費を出してくれました。
いろいろ遊んでお土産も買ったのにまだお金が残っており、
母と二人して、これで長浜にお寿司食べに行こう!と密かに目論んでいたのです。
どうせ行くなら琵琶マスの美味しい冬が良いね、1月になったら行こう!
と二人で計画を練っておりました。
当初の予定は、あのスゴイ寒波がくるといわれた日曜日でしたが、
なんでわざわざ雪の中を出かけなくちゃイケンのだ?と思い直し延期し、
晴れて長浜へ出かけたのはそれから一週間後のことでした。
1月もあと1日、というギリギリセーフの30日。
なにがセーフなのかというと、大好物の寒ブリです。
去年も、寒ブリを目指しての長浜行きの前に風邪をひき、
しかも長引き、ようやく3月のあたまに行った時には、
寒ブリはもう時期を過ぎていたのでした、、、風邪め!
実は今回の延期も風邪をひいたというのが本当の理由なのです。
何故かこの時期よく風邪をひくようになってしまいました。
おまけにこじれるのがイケナイ。もう腹立たしきこと。

ともあれ、元気になって、天気も良くて、今年はなかなか良いゾ!
朝9時過ぎに電車に乗って、11時過ぎには長浜に到着したのでした。
目指すはモチロン京極鮨しかありません。
けれど、ひとつ見たいものがありました。
つい最近テレビで見たコレです。
b0019591_16435917.jpg
いつもこのビルの手前で曲がっていたので、見た事がありませんでした。
なんだか薄い建物ですが、展望台もあったりして、スゴイ。
調べてみたら1964年に建てられたそうです、私より3つ年上ですネ。
長浜にはいつもカメラを持って行くのに一枚も写真を撮った事がありませンでした。
初めての長浜での写真です!
中に入って観ようと思うまでは興味がわかず、写真一枚でオシマイ。

さあ、お寿司だ、お寿司だ。
はるばる来たぜ長浜、2時間と交通費をかけてでも来たいお寿司屋さんは、
相変わらずの京極鮨。
まだ若い大将は、勉強家です。お寿司を握るのがとても嬉しくて大好き。
美しく美味しそうなお寿司を丁寧に握ります。
私は目の前にお寿司が出されたらすぐに口に入れてしまいますが、
猛烈ブロガーの母はひとつひとつ写真におさめてから頂きます。
(私はその写真をちゃっかり頂きます)

b0019591_09075610.jpg
一年ぶりの琵琶マス。これだけでも来た甲斐があろうというもの。
母なるうみ、琵琶湖に深く感謝を捧げておかわりしました。

b0019591_09074920.jpg
念願の寒ブリ。上にのっているのは大根おろし。
脂が品良く香り良く、ああ、やっぱりワタシはブリが好きですねェ!
こちらも数度(!)おかわりしました。

b0019591_09080300.jpg
実は海老好きでもあります。
甘エビ、ねっとりと味わい深く、京極さんの美味しい酢飯に抜群に合います、ステキ。

b0019591_09081035.jpg
他にも、鮪やらウニやら頂いたのですが、私はここのコハダがお気に入り。
シメ加減が大変好みなのです、やっぱりおかわりしました。

注文したのは、おまかせ○○貫というものなのですが、
大将におまかせ、ではなく、ワタシにまかせて貰って注文してしまいました。
なんとなれば、好き嫌いがとっても多いものですから、
お寿司に限らず、おまかせとかコース料理とかの内容が決まっているものが苦手、、、
というよりもはっきり言ってキライ。
贅沢だろうが、せっかく食べに行ったのだから、好きなものを美味しく頂きたい。
なので、そんな私にとってここは天国のようなところなのですネ。

長浜のレトロなまちを満腹でそぞろ歩き、
駅ビルのお気に入りの喫茶、伊吹珈琲でお茶をして帰りました。
2時の電車に乗って2時間、家に着いたのは4時過ぎ。
大変有意義な冬の一日でした。

父上さま、いつもながらありがとうございます。

[PR]
by orochon3 | 2016-02-02 16:49 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)