こどもたちとぎょうざ
弟が仕事でお世話になっている大阪の保育園の教育の一環として、
「食育」というものを行っているそうです。
吾が父がそのお手伝いを始めてはや4年目となりました。
お手伝いの内容とは、一年一度のぎょうざづくり。
年長さんとその下のクラスのこどもたちが対象です。
食材を見せて、一からぎょうざのあんをつくり、
こどもたちと一緒に皮に包んで、目の前で焼いていきます。
「おいしくなーれ!」というこどもたちのかけ声を受け、
父が「おいしくなった!」と言うとかわいい歓声がわきます。
毎年のことながら、こどもたちの反応はいつも同じで、
目をキラキラさせて笑ったり驚いたり喜んだり。
ぎょうざが配られると興奮の極みに達して、大騒動。

実は父だけでなく、母と私も微力ながら助っ人をしています。
母は父の助手としてそのそばで色々と説明したり手伝います。
私は黙ってぎょうざを包み、焼いていく手伝いをします。

「もっと食べたい」という声とともに試食が終わり、
こどもたちからのお礼に、手づくりのメダルとコック帽の贈呈式がありました。
(私にもメダルを頂きました、いつもちゃんと私の名前入りです)

その後は給食の時間。
なぜか、父、母、私もこどもたちと一緒に食べることになっています。
父は「コックさん!」「シェフ!」とこどもたちから大人気です。
私はこどもは激しく苦手なので、同席は辞退したいところですが、
今年は諦めてこどもたちの中に座りました。
さすが大阪のこどもたちで、私のボケにするどいツッコミをいれてくれて、
束の間の食事時間に、年齢差40歳以上の私たちの間にも絆が生まれたのでした。

食後はみんなとハイタッチをしてお別れして、帰路へつきます。
本当に毎年のことながら、こどもたちのパワーを実感する一日。
まず、こどもの体温の高さ,テンションの高さに圧倒されます。
「ぎょうざづくり」という非日常にいることもありますが、
それにしても、すごいパワー。

年々衰える身体に、父はもうこれで最後だな、と毎年言っていますが、
なぜか、帰る時には「また来年ね!」と笑顔でお別れしています。
b0019591_09010410.jpg

保育園のぎょうざを仕込む時、こどもたちにはその場でつくりますが、
先生方用にもあらかじめ仕込んだあんを持って行っています。
その時父はたくさん仕込んで、私にもあんを分けてくれます。
個人的には、仕込んですぐよりも4、5日寝かせてからの方が美味しいと思うので、
数日後、吾が家でもぎょうざパーティーをしました。
こどもたちの気持ちがよくわかる、美味しい美味しいぎょうざでした!
b0019591_08532328.jpg

蛇足ですが、ぎょうざを作って焼いている間、
年長さん&その下のクラスのこどもたち以外のクラスのこどもたちが、
先生に引率されて順次見学に来ます。
しかし彼等はぎょうざを食べることができません。
美味しそうな匂いだけで、食べられないなんて、拷問のようですが、
それでも彼等はじーっと見学してまた自分たちのクラスへ帰って行くのです。
気の毒なことこのうえありません。あれ、なんとかならないものでしょうか。


[PR]
by orochon3 | 2016-02-29 08:23 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)

主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。
by orochon3
プロフィールを見る
画像一覧
最新のコメント
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54
ご無沙汰しております。九..
by ピリカ at 16:34
団長さま、ご無沙汰してお..
by orochon3 at 12:49
ファン
ブログジャンル
お酒・お茶
映画