眼福 王羲之から空海

大阪市立美術館で開催中の特別展に行って来ました。
「王羲之から空海 日中の名筆 漢字とかなの競演」
このポスターを目にして以来、これは行かずにおられようか!
この出不精の私が、ぜひとも行きたい!と思っていたのでした。
同じく書が好きな母を誘い、うららかな春の日、
天王寺まではるばると行ってきたのでした。
初めての大阪市立美術館。
あべのハルカスや通天閣を目にして、かなりなアウェイ感があり、
私はやはり兵庫県人、否、阪神間の人間であるとつくづく思いました。
開場と同時に館内へすすみます。

b0019591_09080344.jpg
いきなり王羲之のオンパレード!
後で調べたところ15点の書が大集合していたとのことです。
これも後で思ったのですが、一番最初にこれを見ていて本当に良かった。
というのも、このあと、これでもかという勢いで200点余りの書の世界が
えんえんと繰り広げられることになるのです。
もう、目も足も疲れて頭はフラフラ、最後は頭痛でダメ押しという有様。

もともと私はこういう展示を観る際には、取捨選択が激しいタイプです。
パッと見て、これは(観なくて)良い、と思ったら素通りします。
そのかわり、これは好き!となったらいつ迄も見ていたい。
このたびの展示で私の目を釘付けにしたのは趙さんの書。
下の名前が読めないので後で調べました、モウフさんというのだそうです。
その書風は、復古調と呼ばれているのだそうです、好みの字なハズですね。
復古のお手本として王羲之を学んだというのですから、ハズレなしです。

数々の美しい字を見ながら、指でその字をなぞってしまうのですが、
それだけでも、幾分かは脳内にイメージが残ってくれるのではないかと
淡い期待を持っております。
趙さんの書を手元において、独学でお習字の稽古なぞしてみようかしらん。

美しい書にクラクラした頭と目を癒してくれたのは、
今が一番美しい時期の新緑でした。ああ気持ち良い。
b0019591_09075620.jpg
時間はお昼をまわっています。
さあ、このあたりでランチを、、、などと思っていましたが、
完全なるアウェイ。右も左もわかりませぬ。
早々に梅田へ引き返し、いつもの焼売太楼へとかけつけたのでした。
ラーメンに焼売。美味しかった!!


追記
空海の書は、本当に七変化!
ほんとうに一人の人が書いたの?と疑いたくなりました。
そして、何故か最澄の書も一緒に展示されていました。
ああ、最澄さんらしい書、、、でした。

[PR]
by orochon3 | 2016-04-27 16:57 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)