祝 金婚式

今年、6月2日に両親が金婚式を迎えまして、
父が我々子どもたちを食事会に招いてくれました。
本来ならば私たちが開催すべきところです、
なのでそれに先駆けて、5月30日にお祝いの贈呈式を行いました。
子ども一同を代表してお祝い係をかってでて、夫の助けを得て、東奔西走したワタシ。
一ヶ月以上もかけて色々と用意した品々は、
父と母にたいそう喜んでもらえたので、本当にほっとしました。
(品々の主な内容は、お酒です。
父の好きな焼酎かめしずくや、サントリー響や、
母の好きなイタリアワインや珍しいアメリカのワインを選びました)

果たして、食事会の当日。
お祝いを先に渡しているので、心も軽く会場へ向かいました。
場所は最近両親が気に入っている故宮という中華料理店。
大阪ウェスティンホテル内にあります。
王料理長は夕方の番組ちちんぷいぷいに隔週で出演しているので、
ご存知の方も多いのではないでしょうか、とても個性的な方です。
父の指示のもと、母と私は王料理長と事前に打ち合わせまで行い、
念には念をいれて今回のお祝い食事会は執り行われたのでした。
b0019591_08215444.jpg
王料理長のたてたメニューは、高級食材のオンパレード。
正直なところ、アワビもフォワグラもフカヒレも、白身魚も伊勢エビも、
私はそんなに好きな食材ではありませんデス。
けれども、今回は父主催の食事会で父の信頼する王料理長がつくるお料理。
ワガママは言わずに黙って頂きました。

b0019591_09023087.jpg
早々にアワビのお出ましです。
左手前にはクラゲさんもいます、クラゲもあまり好みません。
ところが、です。
アワビもクラゲも、右手前のキュウリさえも、抜群の美味しさでした。
アワビの下に隠れていた肝までペロリと頂き、初めから大満足。
これは、次のお料理も期待できますねえ。

b0019591_09024821.jpg
メニューには「海の幸のスープ」と記載されていますが、
フカヒレのスープでした、そしてその底にはフォワグラのムースがしきつめられ、
一緒に頂くとこれがまた美味です。
フォワグラを美味しいと思ったのは初めて。
けれどこれを全部頂くと後々ひびきそうなので、弟に半分わたしました。

b0019591_09030677.jpg
ここでお肉の登場、かわいい器に盛られて、XOソースが刺激的。
黒毛和牛の間違いのない美味しさに一同大喜び。
そう、お肉大好き家族ですから。
パリパリの器まで美味しく頂きました。

b0019591_09032753.jpg
私の好きなお肉のあとは、伊勢エビです。
伊勢エビが苦手になったのは、昔、大量の伊勢エビを頂いて食べてイヤになったから。
久しぶりの伊勢エビは、たいそう美味しく、長いあいだ敬遠していたのが悔やまれます。
なんともいえない良いお出汁が出ているスープと一緒に至福の逸品。
よくスープをすった春雨がまた美味しくて、いつまでも食べていたかったです。

b0019591_09034785.jpg
さあ、お料理も終盤。
普段は絶対に食べない白身魚のソテー。クリームソースも、トマトソースも、見事でした。
かなりお腹がいっぱいですが、美味しいと感じるのは、本当に美味しい証拠です。

b0019591_09043905.jpg
最後に供されたのは、本来ならばあっさりとした汁そばであったはず、、、
ところが、ここにきてなんだかスゴイひと皿がやってきました。
たっぷりのチャーシュウと白ネギに大きな肉団子まで入って、
そしてこのスープ、、、辛くて酸っぱくて、コクがあって、ドシンとしたお味。
辛く酸っぱくてもサンラータンとは全く違います。初めて頂くスープ!
それはそれは不思議な美味しい汁そばでありました。
実は王料理長のサプライズで、めったに作らないという汁そばだったそうです。
私の背後から、王料理長が「メンが伸びるから早く食べる!」とせかしたので、
写真が撮れませんでした、しかし猛烈ブロガーの母はしっかり撮っていたので拝借。

これでいよいよお腹がいっぱいになりました。
なのに、、、吾が夫はごはんが食べたいと言いだしまして、
王料理長に炒飯をリクエスト、どんな炒飯かはお任せしました。

b0019591_09045063.jpg
やってきたのはカニ身ののったカレー風味の炒飯。
これまた食欲をそそるカレー風味をここで!?
お腹ははちきれそうなのですが、ついつい食べてしまいました。
もちろん、美味しいです、キャベツが良い食感で、火加減の絶妙さがよくわかります。
この写真も猛烈ブロガーの母から拝借、私は満腹で撮る元気がありませんでした。

b0019591_09190889.jpg
最後のデザート、マンゴープリンの入ったマンゴージュース。
赤く浮かんでいるのはグレープフルーツで、その苦みが良いアクセントです、、、
けれども、もう、本当に入りません、ごめんなさい、ジュースを頂いて、
あとはギブアップとなりました、本当にごめんなさいっ!!!

これに、紹興酒を三本あけまして、豪華絢爛のお祝い食事会が終わりました。
満腹満足!
このひと月お祝いの品々を必死で選んでいた頃のワタシに伝えたい、
すごいご馳走を頂くのだから、もっとがんばれー!と。

母は18歳、父は21歳で結婚し、私は母が20歳の時に産まれました。
普通の夫婦では考えられないようなことがたくさんありましたが、
50年という歳月は二人にとってあっという間だったのではないかと思います。
なかなか良い夫婦じゃないか!と一番身近にいる私が思うのですから、
実際に良い夫婦なのだと思います。
来年私たち夫婦は結婚20年を迎えますが、
50年を無事に二人元気で迎えられるかどうか、かなり不可能に近いです。
となると、両親が元気で二人仲良く金婚式を迎えたことは、
この上ない幸せなことなのだと改めて感謝したのでありました。

[PR]
by orochon3 | 2016-06-03 09:41 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧