思い出と写真

事情があって、今秋頃に実家に手を入れることになりそうです。
私は結婚する時、実家の自分の部屋をほぼそのままにして新居に入ったので、
その後少しずつ不要品を処分したものの、まだ荷物は残っています。
それを今夏中に整理して処分しなくてはならなくなりました。
ということで、この暑い中、毎朝実家へ通って掃除の日々を送っています。
まず手をつけたのが洋服類。
すべてをスーツケースに入れてそのまま売りに行きました。
お金になりそうなものはもう既に売ってしまって、残っていたものです。
期待はしていなかったのに、なんと2000円になりましてホクホク。

次にバラの写真とアルバム類。
バラの写真はみかん箱くらいあり、アルバムは大小100冊はあります。
それを毎朝汗かき処分するものと置いておくものと分けていました。
写真というものは、なかなか面白いもので、作業は遅々として進みません。
はたと気がついて、置いておきたい程ではないけれど、捨てるのも惜しい、
という写真は、デジカメで撮っておくことにしました。
それでも作業がはかどるということもなく、日々が過ぎて七月も終わりになる頃、
父が言いました。
「毎日写真見てるの?」
「そう。見てから捨てるねん」と私。
「そんなの見ないで捨てろよ」と父。
ふへぇーと思いながら、その日一日その言葉が頭を離れず。
暑い暑い夏の午後、ふっと何もかもが吹っ切れて、
翌朝、実家へ行って父に言いました。
「今日から見ないで捨てるわ!」
「すぐ終わるぜ!」と父。
果たして、本当にすぐ終わりました。
何日もかかっていた写真の処分ですが、1時間もかかりませんでした。
おまけにビデオテープ類もついでに紐でくくっておしまい。
父に「終わったよー」と報告に行くと、「早いだろ?」と一言。

すっかり気を良くした私は、もう何もかも処分することに決めました。
これは置いておこうとか、これは捨てられないとか、そういう気持ちを捨てると、
なんと気持ちの良いことでしょう!

でも、、、、
最大の難関が残っているのです。
それは、本。
こればかりは、捨てられないものがたくさん。
今のマンションに、本棚を買うべき時がきたようです。

b0019591_07044264.jpg
上の写真は、古いアルバムにあった、接客中の祖母の写真です。
向かって右のこちらを向いているのが祖母、左は横顔はカズコねえさん。
いつ頃でしょうか、1950年代でしょうか、、、。
料理旅館を営んでいた祖父母。
b0019591_11032869.jpg
こういう写真が出てくると、私の手はもう完全にストップしてしまうのでした。

[PR]
Commented by さきたか at 2016-08-02 13:39 x
こんにちは。
写真、捨てちゃったんですか?フォトレコか何かで、取りあえずデータで取り込んでから捨てる方が良ろしいと思いますが。。まあ、思いきるのも必要です。
Commented by orochon3 at 2016-08-03 13:45
団長さま、お暑うございます!暑さにやられて判断能力が失せ、全て思い切ってしまいました。とはいえ、カゴに一杯の写真100枚くらい?はスキャンしようと残してしまいました。結婚式や成人式のはやはり思い切れませンでした。
これから、本です。山のような古いものも思い切っちゃいますよ〜!
by orochon3 | 2016-08-02 11:05 | その他(ほぼお酒) | Comments(2)