九州場所をエンジョイするの巻

十両の土俵入り!!
何故これほど興奮するのかと言うと、貴乃花部屋の佐藤が出るからです。
佐藤は吾が町出身の力士。
是非とも応援しなくては!と「芦屋の★ 佐藤」という横断幕を作って、
(稀勢の里というのも作りました)博多へ乗り込んでいたのです。
横断幕といっても、A3サイズの用紙に一枚一文字で印刷してつなげたもの。
くるくると巻いて持って行ったのでした。
土俵入りが始まり、さあ、佐藤が来たという瞬間に、
「さとーっ!」とかけ声をかけて幕を振ったら、
「誰?」という感じにこちらを見上げていましたが、分かったかな。
まあ、分かっても分からなくても良いです。充分満足した私たち。
肝心の取り組みでは佐藤は惜しくも負けてしまいましたが、
彼は今場所十両優勝で来場所の新入幕がほぼ確定したのでした!ヤッタ!!
人気者でお調子者の里山↓もしっかり応援して、十両は終わって中入り。
b0019591_12452460.jpg
稀勢の里の幕を用意して、幕の内土俵入りを待ちました。
やはり、幕の内はスゴイ、スゴイ。壮観です。
三人の横綱には興味がないので、横綱土俵入りの時はよそ見ばかりしていました。
写真ももちろん全く撮っていません。
b0019591_14395336.jpg
土俵入りを終えて戻る、御嶽海 、高安、豪栄道の三人。
綱取りと騒がれたけど、いつもの豪栄道に戻った今場所。
残念でしたが、稀勢の里ファンとしては、複雑な思いだったのですよ、ウヒヒ。
b0019591_14382788.jpg
そして我らが稀勢の里です、稀勢の里の写真はなんとこの一枚のみ。
しかもあまり好きではない琴奨菊まで映っちゃった、、、。
撮影よりも応援が大事だったのですよ。
b0019591_14384671.jpg
正面の席の上部には解説ブースがありました。
カメラをズームして見たら、この日のテレビ解説はくるくる舞の海。
このブースのライトが点いたり消えたりするのです。
どうやら彼等がテレビに映るときだけライトが点くもよう。色々知りました。
b0019591_14390024.jpg

いつしか頭上には満員御礼がさがっていて、まったく良い気分。
福岡国際センターは広いのでなかなか満員にならないらしいです。

b0019591_14392601.jpg

私の興奮をよそに、粛々と取り組みが進んでまいります。
なんだか気分が高揚しすぎて、どの取り組みもまるで夢の中の出来事のよう。
それでも従姉妹の今のお気に入り勢の写真は撮っていました。
b0019591_14394323.jpg
そして、帰ってきた強い遠藤。
待ってました!
b0019591_14514011.jpg
彼の取り組みには永谷園の懸賞がダラダラーっと並んで、見ていて面白く、
聞いていても面白いです。
「味ひとすじお茶づけ海苔の永谷園、さけ茶づけの永谷園、梅干し茶づけの永谷園、
 たらこ茶づけの永谷園、わさび茶づけの永谷園」と延々と続きました。
b0019591_14390968.jpg
遠藤も負けちゃった、、、。

この日は稀勢の里と豪栄道戦でした。
まだ豪栄道の綱取りは消えていなかったので、会場全体が豪栄道ガンバレ!
という雰囲気で満ち満ちていました。
その中で、稀勢の里の幕を持って応援する私たちはちょっと場違いな感じ。
豪栄道には何がなんでも勝ってもらいたい、いや勝たねばならぬ。
そんな願いというか祈りが通じたのか、稀勢の里はやってくれました。
ありがとー稀勢の里!やったー稀勢の里!と喜ぶ私たちはちょっとヒンシュク。
それでも、この日からなんと三横綱を倒すという快挙を成し遂げたのです。
稀勢の里ここにあり、と喜びましたがその翌日あっさりと栃ノ心に負けちゃって、
ああやっぱり稀勢の里は稀勢の里だった、、、とファンは嬉しいやら悲しいやら。

結びは白鵬と琴奨菊で、当然のごとく琴奨菊は負けてしまいました。
楽しかった余韻を味わいながら真っ暗になった外に出ると、
小雨の降る中を太鼓櫓ではね太鼓が打たれていました。
なんと情緒のあることよ、、、。

この日は終始浮かれて興奮して幸福に包まれていました。
お相撲、楽しいな、来て良かったな。

さあ、タクシーに乗り込み薬院へ向かいましょう。
今宵は久しぶりの夜の町。(普段は夜に出かけない事にしているのです)
相撲の打ち上げとまいります。
つづく。

[PR]
by orochon3 | 2016-11-30 12:57 | | Comments(0)