A氏のお酒 2017 hiver その2

A氏さまからもう一本頂いていました。
なんだかスゴイお酒なので、大事にとっていたのですが、
辛抱きれずにとうとう呑んでしまいました。

b0019591_10152846.jpg
低温長期熟成という雑味のない「美しい熟成」のお酒だということです。
こちらにも酒屋さんからのメッセージがさげられていました。

b0019591_14224237.jpg
このお酒のポイントは酸なのだと思います。
最初はひや(常温)で頂きましたが、その香りと味のクセが強くて少し閉口。
いつになく消極的になってしまいましたが、これが10年低温長期熟成なのですね。
冷やして冷酒にして頂いたらいけました、生まれ変わった新しいお酒。
冷やしても酸がしっかり強い、個性の強いお酒です。
熱燗にしても良し、冷酒でも良し、でもひやは今ひとつ、、、不思議なお酒。

下の写真は瓶の裏に書かれたメッセージ。
酒は文化なり、、、とは大きく出ましたが、蔵元さんの心意気が伝わります。
b0019591_07331370.jpg
このお酒が寝かせられた10年前はちょうど吾が家の10周年の年でした。
あれからまた10年が経ったのですね、、、早くもなく遅くもなく、ちょうど10年!
という感じがしています。この10年で生活が180度くらい変わりましたが、
私はとても幸せな日々を送っています。
「年月と向き合い、酒と向き合い、自分自身と向き合う」良い言葉、、、。
このお酒をくださったA氏へ感謝の献杯をしました。
そして、ふたとせの歳月を共に過ごしてくれた夫に心からの感謝を!

ととせ酒に思い出重ねて記念日を迎える冬の熱燗旨し

[PR]
by orochon3 | 2017-01-24 08:24 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)