お味噌汁のミソ

土曜の朝は楽しみにしている番組があります。
土井善晴のおかずのクッキング。
土井善晴というと土井勝の息子、、、というイメージが強かったのですが、
いつの間にかすっかりお父さんよりも馴染みになっていました。
この番組で土井善晴に教えて貰った事は色々あります。
例えば炒め物をする時はガチャガチャと動かさず、しばらく放っておく。
少し焦げても焼き色がついたところが美味しそうに見えるし実際に美味しい。
ケチャップを使って炒め物をする時(ナポリタンとかチキンライスとか)には、
ケチャップをフライパンで焼いてから具材と絡めると美味しさが増す。等々。
こういうことは恥ずかしながら全然知らなかったので勉強になりました。

そして今朝の題材はなんとお味噌汁!
お味噌汁で料理番組ができるのかと不思議だったのですが、
今日紹介されたお味噌汁のひとつは、ウインナーとキャベツとパセリに玉子。
どうやらホットドッグを作ったあとの具材を使うという設定らしい。
ウインナーとキャベツとパセリを少々の油で炒め、水を入れます。
煮立ったら味噌をといて玉子を落し入れてできあがり、、、これはアリですね。
出汁ではなく水で良いところがミソ、油で炒めた具材からコクが出るそうです。
なんとも美味しそうでした、朝はこれとご飯だけでじゅうぶんかもしれません。

その他鶏の唐揚げを入れたものだとか、かつぶしと味噌だけのものとか。
私が一番気になったのが、鶏肉、白菜、えのきのお味噌汁。
鶏肉の水炊きをよくする吾が家では、この具材は冷蔵庫のスタメンなので、
すぐにでも作れます、えのきでなくしめじや椎茸も良いかもしれません。
具材を聞いただけでは、ふぅん、普通のお味噌汁やん、、、と思って観ていたら、
白みそを使うところがミソなのだそうです。
普通の赤い味噌と白味噌を半々くらいで使うのです。
私は甘い白味噌のお味噌汁が嫌いなので買ったことがありませんが、
白味噌を混ぜると「冬たまに食べると美味しいんです!」と土井善晴が
自信満々で(彼はいつも何故か自信満々ですが)言っていました。
冬に、たまに、という点がミソなのですね、冬季限定でそれもたまに食べる!
いつものお味噌汁と趣が変わって余計に美味しく感じるのでしょうか。
白味噌を少しだけ買ってみようかな?と思わせるくらい美味しそうでした。
ちなみにお昼の吾が家のお味噌汁は白葱と人参に刻み葱をちらしました。
お味噌は信州味噌と八丁味噌のブレンドが定番です。
食べ始めは冷たかった手が、お味噌汁を飲むとポカポカになりました。
 寒風に手足のさきの冷えこごり心身ぬくめるあついみそ汁

[PR]
by orochon3 | 2017-02-04 17:11 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)