不死鳥

戦後間もない昭和22年の作品です。
(詳しい内容はこちらをどうぞ → 
木下惠介監督、田中絹代主演。相手役はこれがデビュウ作の佐田啓二。
我らが絹代チャンはこの時38歳ですがもう少しわかい設定です。
一人息子をもうけてご主人を戦争で亡くして、ご主人の弟の後添えにという話をけり、
ゆくゆくは息子と二人で独立したいと夢見ています。
ご主人の弟に結婚相手が見つかり、しみじみと昔を回想していきます。
b0019591_13324162.jpg
回想していくと、なんと女学生にヘーンシン、
セーラ姿の絹代チャン、仕草もまったく女学生でカワイイ。
b0019591_08103141.jpg
その絹代チャンの見つめる先にはこれも学生服の佐田啓二!
これからこの二人は恋仲になるのです、その出会いの通学電車であります。
b0019591_08120002.jpg
学校帰りに二人が偶然立ち寄る飛鳥書房という書店。ちょっと前まではこんなお店が
どこにでもあったように思いますが、最近は大型書店ばかりですね。
b0019591_08133576.jpg
佐田啓二が落として行った学生証を見つけて拾う絹代チャン。
これがご縁となりまして、二人の仲は深まっていきます。
b0019591_13361585.jpg
ドライブにテニスまでなさるのですよ。
それがまあなんともカワユイのです、ブリッ子ポーズ連発です。
b0019591_13355615.jpg
かるた会では見事な振り袖姿を見せてくれます。
札をとって得意顔の絹代チャンもかわいい!
b0019591_13382147.jpg
デートで着物姿でも髪の毛はモダンな雰囲気。
初々しいお嬢さんの雰囲気がよくでています。
b0019591_13392729.jpg
色々あって、とうとう佐田啓二は出征してしまいます。
最後のパーティで、精一杯のお洒落をして彼を見送る絹代チャン。
美しく堂々としていて、大げさな髪飾りなどものともしません。
b0019591_13402633.jpg
駅に見送りに来た時も、決して時勢にのらずに美しく気高いままの姿なのが、
お嬢さまらしくてかえって清々しいくらい。
佐田啓二のご両親にはまだ反対されたままなので、陰ながらそっと見送る姿に
涙をさそわれます、、、ヨヨ。

b0019591_13421897.jpg
この他にも絹代チャンは軽めのドレスやロングドレス、
ハイキングの洋装に野良仕事姿やスラックス姿にもなり、
いったいどれくらい着替えたの?とまったく驚いて観ていました。
そして、私のいちばんのツボはこの足下のアップが続く場面です。
なんとちいさい!
かの高峰秀子さんの名著の中で、絹代さんがまだ少女の頃の秀子さんを鎌倉のお家に
招待し、自分の着物や服を秀子さんに着せて「似合う、似合う」と喜び、
どんどんくださった、という箇所があります。
その後秀子さんは大きくなってしまって絹代さんのものが小さくなってしまい、
困り果ててついに、櫛をくださったというくだりもありました。
秀子さんも大柄ではないのに、その少女の頃のものがちょうどだったというくらい、
絹代さんは何もかもがちいさい!のですね、肩を見てもわかります、ちいさい!
その足下を見ても、本当にちいさい!
b0019591_13443538.jpg

ふと、絹代チャンの雰囲気がブリッ子松田聖子チャンに見える時がありまして、、、
あ、この系統なのか!
デビューの頃の聖子チャンは絹代チャンに似ているような気がします。
なんでも一緒くたにすると乱暴だと叱られるかもしれませんが、
どことなく同じ雰囲気があるような気がしませんか、あどけなくかわいらしいけど、
実際はとんでもなく強い女性なのです、二人とも。
b0019591_10594573.jpg

この映画に限らず、田中絹代というひとは映画の中で様々な役柄を演じて、
いろんな姿をみせてくれました。女医や弁護士になったり売春婦になったり。
そういえば、聖子チャンもいろんなファッションでファンを喜ばせてくれました。
 スクリーンにやまとなでしこ七変化 ファン心理は時代をこえる

昭和22年/松竹(大船撮影所)/監督・木下恵介/原作・川頭義郎

[PR]
Commented by nonchalant at 2017-02-18 13:27 x
はじめまして
いつも楽しく拝読させていただいております。
特にorochon3様の映画についての文章が大好きなので久しぶりに読めて嬉しいです。
これからまたどんどん映画について書いてくださいね。
Commented by orochon3 at 2017-02-18 13:59
nonchalantサマはじめまして!
極私的感想を読んで頂きまして誠にありがとうございます。
最近は本来のブログからとんと遠ざかってしまってスミマセン。
お褒めのお言葉恐縮至極、感謝感激雨アラレです!!
ずっと好みの映画とご縁がなかったのですが、
不死鳥は戦後映画ながらも久しぶりに良い映画でしたー。
またツボな映画を見つけましたらご紹介させて頂きたいと存じます。
どうぞよろしくお願い致します。
by orochon3 | 2017-02-16 14:15 | 戦後映画 | Comments(2)