春の散歩 第二弾

もう数年ものあいだ懸案だった事項にようやく着手しました。

づぼらやのふぐうどんです!

テレビで見た瞬間から食べてみたいと熱望していたのでした。
ふぐの出汁がきいたおうどんなんて創造しただけでヨダレが出そう。

私はてっちりはそれほど好きではないのですが、てつからは大好き。
それにふぐのお寿司があるというではないですか、
それならばもう行かずにはいられません。

けれどわざわざ新世界までおうどんを食べに行くというのは、、、うぅん、
というわけでなかなか実現に至りませんでした。
しかしこのまままた夏になってしまうとそれこそ暑くて行く気がしなくなります、
このおでかけに春はうってつけなのです。
そして春というには暖かすぎる善き日にいそいそと出掛けてきたのでした。

観光客で大にぎわいの新世界、づぼらや本店へいざ!

b0019591_15561360.jpg
開店と同時に入って一番乗り!注文後あっという間に
ふぐうどん、てつから、ふぐのお寿司盛り合わせが運ばれてきました。
とりあえずてつからにはビールです。桜の装いをしたASD。
b0019591_15560311.jpg
てつからには薄味に下味がついていました、アラが2つに身が2つ。
美味しいのはあたりまえ!ふぐは唐揚げがやっぱりいいですねえ。
b0019591_15564991.jpg
ふぐのお寿司の盛り合わせ。
見た目よりもずっとボリュームがあります。
ふぐも厚みのある切り身で、なにより酢飯がなんというか懐かしい味です。
お醤油ではなくポン酢をつけて頂きますが、ああ贅沢で美味しいお寿司でした。
b0019591_15562300.jpg
さあ、おうどんです。
皮と身とアラがのっていて、葱ともみじおろしとレモンが薬味。
皮の部分がトロトロでとっても美味しかったです。
もちろんお出汁は最高、おうどんが少し固めだったのが残念でしたが、
全体的に素晴らしいバランスでお出汁は最後まできれいに頂きました。
はるばる来てみる価値は充分にありまして、大満足でした。
b0019591_15563412.jpg
新世界には何年も前にパーク温泉に連れてきてもらってづぼらやで宴会、
という素晴らしいコースを歩いた記憶があるのですが、その頃の面影はなく、
すっかりきれいな観光地と化してしまっていました。
右も左も串カツとたこ焼き屋さんだらけで、そのどれもにお客さん群がり、
ルナパークのできた頃の新世界もこうであったのでは、という程の大賑わい。
通天閣の下をくぐるとその天井にはクラブ化粧水の広告の天井画がありました。
72年ぶりに復元されたそうです。
クジャクさんの優雅な姿に往時へ思いを馳せました。
 戦前の賑わいしのぐ新世界 浪花の味に舌鼓うち

このあとテクテク歩いて難波へ出ました。
長くなるのでつづく。

[PR]
by orochon3 | 2017-03-30 14:32 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧