くもりのち晴れ

昨日から左手の親指が痛くて痛くて泣いていました。
じっとしていてもうずくような痛み、、、
だんだん肩から親指にかけて痛みだしたのでろくに眠れませんでした。
いったい何が原因なのかさっぱり不明。
いつもかかるお医者さんへ夫に連れて行ってもらい、
とりあえずうずくような痛みはおさめて頂きました。
親指というより震源地は上腕だったようですが、
原因がわからないので気持ちの悪い感じです。
使うとまだ痛むのでおとなしくしていましょう。

ちょうどお昼時だったのでつかしんまで足をのばしました。
どこもいっぱいの人で、迷いに迷った挙げ句に私は初のお店、
得々うどんという家族亭傘下のチェーン店に入りました。
b0019591_15421951.jpg
私の注文した海老天ランチ。
お出汁もおうどんもかやくご飯もすべて平均的な食べやすいお味。
海老天もうひとつ欲しかったですが、かやくご飯が大量で食べきれないほど。
何より驚くのがこれで680円也(税抜)とは、恐るべし。
夫はミックス丼ランチという面白いランチメニューで、
豚カツと海老天のハーフ&ハーフの玉子とじ丼に冷たいおうどんを選択。
知らぬうちに丼は大盛りに、おうどんは2玉という増量を注文していました。
これに私のかやくご飯を半分以上、いつもの事ながら食べ過ぎではないですか。

左手親指の具合もだいぶ良くなりました、
昨日の午後からずっとブルゥだったので、
美味しく食事ができたことに感謝、感謝。
道中は満開の八重桜を楽しむ事ができ、おまけに藤の花もいま盛りのようで、
10年くらい前に夫の故郷にドライブした時のことを思い出しました。
熊野の山に咲いていた花々を目にして心があらわれる心地でした。
(調べてみたら9年前でした、過去の記事はコチラ →  です)
ちょうど40代にあたるこの10年間は実に激動の日々で、
私自身とその環境はまったく想像できなかったほどに激変しました。
けれどいま幸せなのでまぁ良しとしておきましょうか。
 激動の波乱にとんだととせ過ぎこころ安らぐ夕凪のとき 

[PR]
by orochon3 | 2017-04-21 16:39 | 美容&健康 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59
はじめまして いつも楽..
by nonchalant at 13:27
ピリさま!ありがとうござ..
by orochon3 at 08:54

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

タグ

(155)
(147)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧