美女と野獣を観に行く

今日はようやく「美女と野獣」を観に行きます。
映画館は3月に行って気に入ったプルメール神戸にある
109シネマズHAT神戸です。
前回SINGを観に行った時に予告を観て、これは観たいと
思っていたのですが、毎月22日のペアデイには男女関係なく
二人で行くと一人1100円になるというので、
この22日を待っていたのでした。
と、、、調べてみたらなんということでしょう!
今年9月に私が50歳になれば、夫婦50割引というのが適用になり
いつ行っても夫婦は一人1100円だというのです。
あと数ヶ月ですね。私もいよいよそういう年齢なのですね。
嬉しいような哀しいような、何故かちょっぴり恥ずかしい。
ともあれ、9月以降はもう少し足しげく映画館に通うことになりそう。
前置きが長くなりました。
10時半からの上映なので終るのが12時50分、お昼ご飯は1時です。
グーとなると恥ずかしいので観る前に何かお腹にいれておこう!

昨日の大相撲中継の中で、昭和16年夏場所のニュースが流れました。
本来ならばモノクロのところを彩色をしてカラーの映像です。
本当の色ではなくて、婦人雑誌なども参考にして人間の手で
彩色したということでしたが、それでも雰囲気は出ています。
力士は皆細くて筋肉質、チョット前にはやった細マッチョでした。
相撲の取り組みも今とは全然違います。
けれど、場内に響く呼び出しや行司の声、粛々とすすむ取り組みに
われんばかりの歓声、、、今の両国と全く変わらない光景。
すっかり心をうたれました。
いつの時代にも色々な問題が起こって世間を騒がせたりしますが、
しっかりと受け継がれているすばらしい国技です。
 今昔の違いはあれど伝統と重き歴史を受け継ぐ国技 
このあと、数ヶ月後に真珠湾です。この力士の中にも
お国のために尊い命をおとされた方がいたのでしょう。

[PR]
by orochon3 | 2017-05-22 09:01 | 日記 | Comments(0)