香港、1997年

昨日は香港が中国に返還されて20年経ったというニュースが
テレビで何度も流れていました。
あれからもう20年も経ったとは、月日の経つのが早過ぎます。
私が初めて香港に行ったのはもう30年ほど前のことなので、
10年近くは返還前の香港を楽しむことができたのですね。

1997年以降は、行く毎にものすごいスピードで変貌をとげ、
もう行かなくてもいいかな、、、と思うまでになりました。
実際に香港に住んでいる方々にとってはどうなのか
私にはわかりませんが、香港を訪れる観光客としては、
返還前の方が魅力があったことは否めません。
アジアでありながら西洋の雰囲気を持った特異な街は、
私たちを惹き付ける魅力に溢れていました。
ペニンシュラ、リージェント、マンダリンといった素晴らしいホテル、
飲茶や四川、上海、広東、湖南など各地方の美味しい料理の数々。
そして買物!
ヨーロッパの超有名なブランドも目の保養になりますが、
私の狙いは香港ブランドでした。
オーシャンセンターなどの迷路のような大きなショッピングモールは、
当時の私たちにはとても珍しくて、いくらでも歩けました。
ミッシェル・レネやジョセフ・ホー、ジョルダーノにG2000。
もう忘れかけていたこれらの名前を聞いただけで、
あの頃の香港が頭の中に広がります。
 ロレックス、ティファニー、エルメス、ルイ・ヴィトン
   ほんものはどれ?妖し香港

香港へ行くときは、空港に着くときからエキサイティングでした。
窓すれすれに翼を横切らせて離着陸する今はなき啓徳空港。
空港から一歩出た時の湿気たっぷりの独特な匂いと雰囲気。
ホテルからの送迎車に乗り込んだ時のエアコンの快適さ。
ああ、懐かしい!
朝、リージェントホテルのプールサイドにあった、
海に面したジャグジィで飲んだオレンジジュース、
美味しかったなぁ。

[PR]
by orochon3 | 2017-07-02 13:42 | 日記 | Comments(0)