二十代の日記

今朝はゴミの日。
古い日記帳を13冊処分しました。
主に結婚するまでの20代の頃のものです。
職場の支店が銀座にできて、毎月半分くらいは銀座に行っていた頃。
ちょっとだけ読んでみたら、文字通りの波瀾万丈!
なんだか切なくなってきたので、すぐさま袋につめてしまいました。

あの頃はもう思い出したくないことが多くて、、、
特に地震にまつわるイヤな思い出もたくさんありますが、
あの時には本当にたくさんの方々に心を寄せて頂き、お世話になり、
たくさんのもの(物品だけでなく)を頂きました。

そして20代には旅行に行きまくったり、芝居三昧だったり、
ものすごーく色んな人と出会って世界が広がって、良い経験をして、
楽しかったこともいっぱいありました。
それは去年処分してしまった写真と共に大切に胸の中にしまっておこう。
時々、何かの折りにふと思い出して懐かしむことができれば
もうそれで充分だと思うようになりました。
記憶力の乏しい私は、ほとんどのことを忘れているのですが。
あと残っているのは結婚してからの19冊ほどです。
 きらきらとひかりががやく二十代 泣いた夜さえ愛しく思う

今日から再び夫の仕事が忙しくなります。
とは言え、夜なべではなく朝から晩までの時間帯なので、
ずいぶん気が楽です。
珍しく、暑いけど色々出かけてみようかなと思ったりして。


[PR]
by orochon3 | 2017-08-04 12:07 | 日記 | Comments(0)