時計と洋食

腕時計を求めて梅田のヨドバシへ行ってきました。
日付のわかる大きな文字盤やライトが点くことを条件に
探していたらBaby-Gに辿り着きました。
50でコレはどうかとも思いましたが、
他に気に入るものがありません。
カワユイものを身につけると女性ホルモンにも良いらしいし、
気持ちだけはいつまでも若いつもりで、
いまの私に無理がなければこれでもいいか、と思いなおし、
色々と迷った挙げ句に残ったものがコチラです。
(Baby-GのHPより →  )
肌がかゆくなるかどうかはまだ不明ですが、
樹脂とのコンビはピッタリ肌に着く感じが弱いと感じました。

そうして新しい時計を早速腕につけてランチへ。
向かった先は新梅田食堂街です。
いつもはお店を見ながら通り過ぎるだけでしたが、
ずっと気になっていたスエヒロへ行ってみました。
(新梅田食堂街スエヒロのHPはコチラ →  )
”梅田で愛され続けて65年”というキャッチフレーズに惹かれます。
こんなど真ん中で65年も続いているってどんなお店でしょうか。

迷わず注文したのはミックスランチ1,300円也。
帆立フライ2ヶと海老フライ1ヶ、案外大きなハンバーグ。
たっぷりのキャベツとトマトに胡瓜。
これにごはんの懐かしい味のコーンスープ、これもたっぷりついています。
海老フライとハンバーグを見ると何故こんなに心がワクワク弾むのでしょう!

b0019591_14313627.jpg
タルタルは酸味がもう少し欲しいところですがちゃんと美味しい。
ハンバーグはほろほろとくずれてしまうほど柔らかくて、
デミソースは見た目よりずっとやさしくてあっさりしています。
もちろん、たっぷりのデミソースはごはんにもよく合います。
夫の注文したロースステーキランチもデミソースがピッタリ。
至福の時とはこういうことを言うのでしょうか。
正しい、そんな言葉が浮かぶ気取らない普段使いできる洋食です。
この場所で65年続いている理由がわかりました。
また来よう、今度は海老のコロッケも食べたいです。

食後は阪神百貨店の地下へ”やよい”のちりめん山椒を買いに行き、
試食をして、葉山椒の佃煮も買って、ホクホク。
それからヨドバシへ戻ってもまだ2時間足らずでした。
駐車券のサービスである2時間内で全ての用事が済んでしまい、
最近できたヨドバシとJR大阪駅をつなぐ夢の橋「淀橋」は
つくづく便利なものだと実感したのでした。

昨日は貴景勝、初金星おめでとう!
横綱相手にあの気迫、素晴らしい。
嬉しくてインタビュウでは涙がこぼれました。
 頼もしき郷土の力士貴景勝 初金星に座布団が飛ぶ

[PR]
by orochon3 | 2017-09-20 13:05 | 日記 | Comments(0)