東部のオリーブ

今日はカインズへ諸々の買い出しに行って、
ついでに夫のリクエストで洋食を食べに
東部市場のオリーブキッチンへ行ってきました。
私は5月に友達と行ってお気に入りになったところです。
大盛りだから夫にも紹介していたのでした。
私は前回とーっても気になっていた焙煎カレーを注文したら
お店のお姉さんが上に何かのせたらどうかと言います。
例えば唐揚げとか、と言うので「美味しい?」と聞くと
笑顔で頷いたのでそれに決めました。
どうやらイチオシメニューだったようです。
これはオリカラカレーという名前で、
実は向かいにあるカフェのメニューなのでした。
オリーブカフェはカレーのお店で、オリーブキッチンでも
カレーを頼めばカフェの方から運んでくれるのです。
帰りにカフェの看板を見たら、オリカラカレーは
鶏唐、自家製焙煎カレー、魔法の白いソースと書かれていました。
白いソースはマヨネーズをゆるくしたような味と形状で、
唐揚げにもカレーにもよく合っていて、私は好きな味でした。
肝心のカレーは、ちょっと油断していましたが本格的な、
コクのある美味しさ、あとから辛さがくるタイプですが大満足。
唐揚げもご飯もルゥも大盛りですごい量、到底食べきれません。
これにサラダと福神漬けがついて850円也。

b0019591_15595877.jpg

夫は懸案であったという「オリーブランチ」。
これには”男の夢叶えました”というキャッチフレーズが
ついているのです、男ではないけど私も食べたい内容です。
ハンバーグ、海老フライ、鶏唐、クリームコロッケに、
焙煎カレーと大盛りご飯、そしてお漬物とお味噌汁まで!
至れり尽くせりのランチです、1100円也。
どれもちゃんと作られていて美味しいと彼も大満足でした。
そして食べきれなかった私のカレーも食べてくれたので、
もうハラいっぱい!と言っていました。まぁ当然でしょう。
隣のお客さんが食べていたカキフライは、その大きさに
思わず目がテンになるほどで、後ろの人のカツレツも、
お皿いっぱいの大きさでした。
何もかもが大盛りの夫には最適のお店でした。良かったね。
私は今度は海老フライカレーにしてみようかしらん。
(オリーブキッチンの食べログはコチラ →  )

12月ももうあと半月。
お正月が楽しみな年齢でもありませんが、
ニューイヤー駅伝と箱根駅伝は楽しみ!
と言っても駒澤はもうダメなんでしょうね、、、。
 煩悶のからみまつわる身はつらくどこへも届かぬ悲鳴をあげる

[PR]
by orochon3 | 2017-12-15 16:49 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

タグ

(162)
(160)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧