ひとりのきつね

ギックリから二週間が経ちました。
きちんと段階をふんで回復に向かいつつあり、
とても難儀していた車の乗り降りについては
「イタタタ」と言うことがほぼなくなりました。
(うちの車は少し高さがあるので、普段から、
乗り降りに難儀しています)
いまだにツライのは腰をかがめることで、
顔を洗ったりする時が一番しんどいのです。
そういえば、10年前もまったく同じでした。
「お辞儀ができないなんて致命傷です」と
社長に窮状を直訴したのを思い出しました。
なにせサーヴィス業でしたから、、、。

今日はひとりごはんです。
大好きなおんちのきつねうどんとおむすび。
b0019591_12133028.jpg
大きなきつねは食べ応えじゅうぶん!
猫舌には食べにくいので四つに切っておきました。
(あれれ、一切れどこにいったんだろ???)
もっちり柔らかなおうどんと上品まであと一歩のお出汁、
おネギはクタクタに煮くのが好きです。
あぁおんちかった!
 しあわせの黄色いおあげほっこりとお出汁は香るうどんは躍る

[PR]
by orochon3 | 2017-12-16 16:41 | 日記 | Comments(0)


主に戦前邦画と、思い切り偏った読書の感想などなど。近頃はもっぱらお酒ばかりで スミマセン。


by orochon3

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
戦前松竹
戦前東宝
戦前日活
新興キネマ
戦後映画
映画その他(洋画)

着物

その他(ほぼお酒)
ワイン会
美容&健康
日記

最新のコメント

> ピリさま こちらこ..
by orochon3 at 07:42
こんにちは!もうはや年末..
by pirikainankle at 00:44
団長さまありがとうござい..
by orochon3 at 08:10
 お久しぶりです。  ..
by さきたか at 19:54
nonchalantサ..
by orochon3 at 13:59

ライフログ


巨人ナインが愛した味 ― 情熱料理人「梅ちゃん」のおいしい交遊録


キネマの美女―二十世紀ノスタルジア


昭和モダンキモノ―叙情画に学ぶ着こなし術


女学生手帖―大正・昭和乙女らいふ


ノスタルジック・ホテル物語


消えたモダン東京 (らんぷの本)


大正住宅改造博覧会の夢―箕面・桜ヶ丘をめぐって (INAX BOOKLET 別冊)


シネマ大吟醸 (小学館文庫)

以前の記事

2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

タグ

(162)
(160)
(97)
(17)
(11)
(9)
(8)
(8)
(6)
(6)
(5)
(5)
(5)
(5)
(4)
(4)
(4)
(4)
(3)
(3)
(3)
(3)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

お酒・お茶
映画

画像一覧