母の地図

何ともやるせない、辛い、辛い映画でした。
観るんじゃあなかった。と深く後悔しました。

たぶん、製作された時にはハッピーエンドだった、
のだと思います、きっと。
母(杉村春子)が地図上でいつも見ている場所は満州。
みんなが夢や野望やいろんな想いを抱いて渡っていった場所。
延々と一家が没落してゆく様を見せられた挙げ句、次女は病死、
最後には、手に手をとってこの母と娘は満州へ旅立ちました。
長男一家が暮らす満州、娘の好きな男性がいる満州に、
「これが本当のスタートね」とうきうきしながら旅立ちました。
そのわずか数年後のこの二人やその家族達、日本に残った家族達の事を思うと
胸がせつなくやるせなく、なんとも辛い辛い思いしか残らないのです。
この人達は実在せず、この後どんな境遇にあうのだろうかと心を痛めても
仕方がないのに、それでも、きっとこういう人達は現実にいたのだろうと、
やはり、胸が苦しく辛い思いをするのでした。

配役はなかなかおもしろかったです。
千葉早智子、花井蘭子、原節子の三姉妹!麗しすぎますねぇ。
原節子の恋人役に若い若い森雅之。メガネの優しい男性役でちょっと意外。

内容は上記のようなものでしたが、至る所に東京(銀座、丸の内など)の
街並みが映し出されてそれは嬉しいものでした。
こちらは銀座。
b0019591_8572126.jpg


原節子サンと森雅之サンが会社の帰りにデートしてる喫茶店。
ウェイトレスさんの服装がよいです。
b0019591_8583525.jpg


おもしろいエレベータ!派手すぎませんか???
セットではなさそうなんですけれど、どこかにこういうのがあったんでしょうか?
b0019591_94914.jpgb0019591_859188.jpg








そして、ワタクシが常々気になっているもの、洋装女性のシルエットです。
現在と完全に違いますよね、こういうところが本物は違うのですよゥ。
よく、戦前が舞台の現代に作られたドラマや映画を観ますが、
女優さんがカッコイイシルエットなのに対して、戦前映画では、
いかに原節子サンといえども、こういうモッサリしたシルエットをされているのです。
こちらがホンモノ。ホンモノは良いです。ニセモノはきらい。
それは、体型が変わったせいもあるでしょうけれど、下着の違い!です(断言)。
ちなみにお隣の和服美人は花井蘭子サン。お二人とも麗しいですね。
b0019591_96668.jpg



昭和17年・製作・東宝/監督・島津保次郎
[PR]
by orochon3 | 2005-08-20 23:47 | 戦前東宝 | Comments(0)