師走の京にて。

ぽっかりと時間のあいた土曜の午後。
夏頃から母が「寒くなったら蒸し寿司食べたい」と言っていたのと、
帯留め用の三分の帯締めが欲しかったので、
師走の京都へと出かけました。

帯締め、どこで買おうかなぁ、と迷いながら四条通を歩いていたところ、
Kの前を通りかかり、なんだかすごい人だかり。
その人混みに吸い寄せられてフラフラ〜っと入り込んでしまいましたが、
帯締めよりも、帯飾りを見つけてしまって・・・カ、カワユイ!!
もう一つ、ガラスのんと迷いましたが、散々迷いましたが、
イチバン最初に見つけた方に決めました。
b0019591_11532057.jpg


I屋さんの前はもう異常な人だかり。
“蔵出し”の旗が風にハタハタしていて、どんどこ人が入っている。
「三日間だけのご奉仕です、三日過ぎたらまた元の値段に戻ります」
なんてことをおじさんが叫んでいるし、店内には半額などの赤い文字・・・
これはいい日に来たものだと、早速三分の帯締めを探しました。
抹茶色と象牙色のを手にして、ふと顔を上げたら、きれいな帯揚げ。
普段はうっとり眺めているだけのI屋さんの帯揚げが半額に!
これなら買っちゃおうかなぁ、と思った時には手にしてお勘定場に行ってました。
象牙色に赤と白のしぼりが入っている使いやすそうな帯揚げです。
ちらりとこの赤が見えるように結べるときれいだろうなぁと。
b0019591_1153969.jpg


その後、菊水で我々お気に入り特製バナナジュース(絶品!)で喉を潤し、
南座前の混雑を見物しながらぶらぶら。こういうのがイチバン楽しいですね♪
ついでにEにも寄ってしまったら、Eオリジナルの札入れが目にとびこみ、
おお、これだ、と。金運の為に黄色にしました。きれいな色です。
b0019591_11532969.jpg


すっかりバッグの中が充実したところでOに着き、母は念願の蒸し寿司を。
私は海老の握りにカッパとおしんこの細巻のついた「花吹雪」を。
お腹もふくれ、身体も暖まり、ほっこりしました。
京都駅地下のIでコーヒを飲んで、お甘にレモンアイスを半分こして、
電車に乗り込み、本日の戦果をひとつひとつ包みをあけて見てました。
買いすぎました。・・・賞与(というか寸志)はすでにこれでほとんどなくなり、
寒さが身にしみる年末であります。まァ、楽しかったからいいか♪
b0019591_1153383.jpg

b0019591_11534764.jpg

[PR]
Commented by さきたか at 2005-12-06 21:39 x
 最後の喫茶店しか分かりませぬが、Oって美味しいのでございましょうか。(って聞くのは野暮か。。)
 蒸し寿司は懐石の時しか食べてません。
 すっぽん食いてえです。
Commented by orochon3 at 2005-12-06 22:24
Oは新京極入り口すぐのお寿司屋さんです。ものすごくオーソドックスなお寿司でした。寿司飯が多すぎるのが難点ですが、「花吹雪」などの素敵なネーミングやら、お寿司の組み合わせがいっぱあってなかなかおもしろかったです。
夕方入ったので空いていました。ちょっと若い頃の池波正太郎みたいな紳士が寿司桶を前にビールを一人で飲んでいましたが、店によく似合っていました〜♪団長どのもきっと・・・!

すっぽん!大好物でざいますです、ハイ。できますれば、おとも致したく存じます。
by orochon3 | 2005-12-06 08:38 | 着物 | Comments(2)