ベルサイユのばら!

b0019591_12374367.jpg
知人のお嬢様が在籍中のため、
ここ数年の雪組公演は欠かさず観ております。
今回はタカラヅカのもはや古典作品であるベルばら!

子供の時からまんがっ子ですから、
もちろん週刊マーガレットで読んでおりました。
(週マはエースをねらえ!とか白鳥SWANとか、
名作揃いでしたよねぇ。ところはつえのにゃんころりんも
忘れられない名作ですよ、ええ!)
本棚にはまだベルばら全巻並んでいます。
色々、贔屓はあるようですが、
ワタクシは正統。オスカル派です♪

今回の雪組トップさんである朝海ひかる版オスカルは、
まんがから抜け出たように、こよなく美しく、健気で、
文句ナシのオスカルでした。まんがファンも満足度大では。
初めて観る人にも、ベルばらファンにも、どちらにも楽しめる
脚本&演出だったのではないかと。
ただ、パリへ行く前夜のロザリー出現には腰を抜かしましたが。
あれだけはいただけない・・・余計なシーンでございました。

例えば、玄治店の
「女将さんへ ご新造さんへ いやさお富 久し振りだな」とか
国定忠治の
「赤城の山も今宵かぎり かわいい子分のお前たちとも別れ別れになるかどで」とか
金色夜叉の
「来年の今月今夜になったらば、僕の涙で必ず月は曇らして見せるから」とか
いろんな芝居に名台詞はありますが、アンドレがオスカルに愛を誓う場面の
「千のちかいがいるか 万のちかいが欲しいか」という台詞も、
そのうちにこれらと一緒に並んでいるかもしれませんねぇ・・・チョット怖いけど。

帰りに、魔が差して売店にてお土産を買ってしまいました。
その名も「ベルサイユのばら」というチョコレイトです。
ホワイトチョコと苺チョコの二色で、コーンフレイクを包んでいます。
これが案外美味しくて、喜んで食しておりましたが、よく考えると、
ちっちゃいのが8つ入って1000円とは高すぎやしませんか???
あこぎな商売しちゃダメ!と、シトワイヤンの味方・オスカルさまも、
きっとお怒りになられることでせう。

【訂正】チョコレイトの数は8つではなく12でした。
12入って1000円ならばおおげさな包装をさしひいても、許せます。(4.5)
[PR]
by orochon3 | 2006-03-06 08:37 | その他(ほぼお酒) | Comments(0)