賀茂鶴 純米。

b0019591_924131.jpg次はこれを開けました。
どういう意図で選んでいるのかというと
まったくいいかげんで、
賀茂鶴は以前にも飲んだことのあるお酒だし、
これ、美味しそうかなァ、というだけです。
こだわりはまったくありませぬ。

純米酒だそうですが、まだわかっていません。
きちんと調べてみました。
原料に米、米こうじ、水だけを使った日本酒で、
精米歩合が70%以下のもので香味、色沢が良好のものを
「純米酒」と呼ぶ
のだそうです。
こうして断らないといけないほど、多くの日本酒には、
アルコールや糖類、酸味料等添加物が入っているそうですが、
添加物に対してどちらかというとこだわりのない方なので、
実はあんまり気にならない・・・。
でも、“純米”というのが美味しそうな響きなもので。
飛び立つ金銀の鶴も景気が良くていいじゃないですか!

この賀茂鶴 純米は、解説によると、
酒米にこだわり、味にこだわった純米酒です。寒中、低温長期発酵にてゆっくり熟成させました。
爽快な飲み口とすっきりした辛口の味わい、素材の味が生きる純米酒
とのこと。

肝心のお味はというと、“若く見えるけど結構年いってる男のひと”という味。
さらりと飲み口は良いけれど、のどを通るころは日本酒らしいクセのようなものが
しっかり主張してきて、オ!日本酒だったのね、という。
戦前映画俳優で言うと、藤原鎌足のような感じでしょうか。
嫌いな味ではないけれど、こないだの「越の誉」の方が好きな味でした。
[PR]
Commented by 安藤大尉 at 2006-04-16 11:30 x
ちょくちょく覗かせて頂いとりますがお嬢様、最近お酒のお話が多うございますね。素晴らしいことですが、ほどほどに・・・
Commented by 空蝉 at 2006-04-16 21:35 x
やっぱり日本酒は美味しいですね。
広島のお酒は甘口が多くて、端麗辛口派だったワタクシはちょっと苦手でした。でもこの前広島に行ったとき、買った酔心の純米吟醸はけっこういけました。

日本酒は本当におもしろい。
酒米や蔵元のみならず、杜氏さんにまで凝ったりして。

今は九平次を飲んでます。
またレポート楽しみにしてます。
ほどほどに、長く楽しみましょう。

Commented by orochon3 at 2006-04-17 09:32
大尉どの。あたたかいお心づかい恐れ入ります。お酒は好きなだけでけして強いわけではないので、一度にたくさんというわけではないのです。チョコチョコと愉しんでおりますので、どうぞご心配なきやうに。・・・そんなにお酒の話題多かったかしらん???
Commented by orochon3 at 2006-04-17 09:40
空蝉さま。ご無沙汰しています♪
お米や蔵本、杜氏さんにまで凝るなんて・・・さすがです〜。美味しいお酒を頂きながら、色々お話伺いたいですわ!端麗という言葉もきれいだし、日本酒はそのまつわる言葉にも興味がつきませぬ。そして遅まきながら各地にある日本酒に出会うという、旅の愉しみを知りました。ワタシは辛口派ではないようで、いったい自分が何派なのか?を探究中なのでございます。
by orochon3 | 2006-04-16 08:02 | その他(ほぼお酒) | Comments(4)