豆礼賛。

いよいよ五月。新緑の季節でございますが、
木の芽時というのはちょっと苦手、色々不調があらわれるのだ。
はやく大好きな梅雨にならないかなァ〜と待っています。
けれどこの時期、大々好きなものが・・・それはです!
うすいえんどう豆も天豆も、大好物。そろそろ枝豆も出てきそう♪
もちろん、大豆でも話題の黒豆でも茶花豆でもなんでも豆なら大好きですが、
ウグイス豆だけはちょっと苦手かしらん。

で、この季節だけの大ご馳走、豆ごはんをせっせと炊いて食しております。
豆をサヤから出す作業は至福の時!キレイに並んだちっちゃな豆たち。カワユイ!

母から教えてもらった、超簡単豆ごはんの炊き方は、こうです。
豆1カップ、米2カップ、酒大匙1、塩小匙1
以上を入れて、お水は米2カップ分より少し多め で炊飯。
あっというまに美味しい美味しい豆ごはんが炊きあがり♪♪♪

これに、いかなごのくぎ煮と宮崎タクアン、嗚呼!春の味。
b0019591_965010.jpg


さて、今度はこれを開けました。貰い物です。
「加賀の月」という名前は良いけれど、ラベルは趣味ではない。チョットいきってませんか?
b0019591_917613.jpg純米大吟醸だそうです。
でも、そう言われなければ飲んでもわかりません。
まだまだヒヨッコです。
“月光を思わせる”と書かれていますが、
・・・残念ながらわかりません。
想像力がないのですね、おはずかしい。
お味はサラリと美味しいです。
ワタクシの感想としては、団塊の世代のオジサンみたい。
むかしお洒落。学生時代はバンドで音楽をしてたり、
そういう世代で、今でも、普通のオジサンとは違って、
お洒落に気を遣っているのがわかるような。
でも定年を迎える頃。やっぱり哀しいオジサン。
そんな感じ。
[PR]
Commented by 空蝉 at 2006-05-01 22:00 x
「加賀の月」は京都の錦にある、お気に入りの酒屋さん(たぶん一軒しかないあそこ)で薦められ、戴いたことがあります。
しっとりしたお味で美味しいと思いますが、手元に置いて飲みたいとまでは思いませぬ。
今日の晩酌は「常山」の純米吟醸でした。さっぱりしていながら、深みもあって好きです。

着物はなかなか着る機会がなくて・・・。
そのうちに暑くなっていよいよ、遠ざかりそうです。
Commented by orochon3 at 2006-05-01 23:24
空蝉どの、こんばんは!「常山」は福井のお酒なんですね。なんだか美味しそう・・・飲んでみたいものでございます。私は晩酌というほどのもんじゃないんです、寝る前にちょっとイッパイくらいで。カワユイものです。てへへ。
キモノは、今は“帯欲しい欲しい病”にかかっています。実際欲しいものがみつからないのが不幸中の幸いといったところでしょうか。
Commented by さきたか at 2006-05-08 22:31 x
豆ご飯、もっと簡単なのを知ってます。
スーパーで販売している「塩豆(確かそんな商品名だった気がするがグリーンピースだったかも)」を炊いたご飯に混ぜるだけです。
 如何でせうか。
 しかし、よく日本酒がすすんでらっしゃるように見えるのは私だけ。
Commented by orochon3 at 2006-05-09 09:23
豆好きといたしましては、豆を一緒に炊き込まなければなりませぬ。豆の香りを楽しめないからです!豆が少々色あせますが、やはり豆の香りがプゥンとしなければ物足りませぬ♪
 お酒をよく飲んでいるように思われますが、ホントにイッパイだけですのよ〜。
by orochon3 | 2006-05-01 09:11 | その他(ほぼお酒) | Comments(4)